[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | まどかマギカ11話12話(最終話) 感想
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.22
一言でいえば、王道でしたね。
まさにこれ。

あ、ネタバレ含みますゆえ、気になる方は
みるのをご遠慮したほうがいいかと思います。






―Don't forget.
忘れないで

always, somewhere,
いつも、どこかで

someone is fighting for you.
誰かがあなたのために戦っている事を


―As long as you remember her.
あなたが彼女を忘れない限り

you are not alone.
あなたは一人じゃない


とりあえず、魔女システム破壊しないとハッピーなんねぇなぁ、
つまりは、まどかは魔法少女になるなぁ。
と、予想通りでしたね。
ただ、リアル魔法少女になるのは予想外。
あの願いをしたことにより、キュゥベぇ自体が消滅するかと思ってましたわ。
ワルプルギスの夜の銃撃戦よかったなぁ。
あと、最終回前のEDなし、最終回のOPなし、これ基本だよね。
最近のアニメ、あんましないような気がする。
やっぱ、最終回的雰囲気ってこれに限ると思う。
第二期のまどかマギカは、もはや、まどかいねぇし!
無理だろと思う。
いや、禁書の神崎的感じに出現するならあれですが。

最終話は、王道過ぎてちょっと面白くなかったかなぁと。
やっぱり、こういう作品は考察してる時が一番楽しくて、
答えでると途端におもしろさがなくなるなぁと。
ちなみに、私日宮は、ひぐらしで、病気オチってのを聞いて楽しくなくなりました。
いや、作品を作るためには普通なんですけどね。
ひぐらし自体は、好きです。
なんかそういうのを受け入れられないのは、なぜだろう ← ←
作者も、オチを決めてつくられねばならぬのでしょうがないです。
それが受け入れられる人、受け入れられない人それぞれです。
私は、まぁあんま好きじゃない形でしたね。

かといって、私だったらどうすんの?と言われると、
魔女システムが壊れることは一緒ですが、誰も救われれないエンドにしちゃうかなぁと(ぇ
キュゥベぇに奇跡を頼むことにより、救われる命もなくなる形ですね。
魔法少女ってのは、なくなりただ現実が残る。
「現実を、みようよ。奇跡は起こらねぇよ」
という形ですね。
あなたは、魔女システムがあったほうを望むの?それとも、今ある現実を望むの?

SFとか好きな人って、自分が好きなエンドじゃないと途端にケチつけるよね。
私とか、私とか、私とか、私try
脚本がいうように、ジェットコースターを一気にくだりましたね。11,12話は。
1クールのぶん、しょうがないですね。

しっかし、さやかは救われねぇな・
キョウスケ復活しないし、NTR(ちょっと違う)されるし……
消滅しちゃうし……
ママは、最終回のあのシーンのために、妙にでまくるのは仕方ないよね。
とりあえず、ワルプルギスの夜は、結局なんだったんだといったところ。
ほむら説は、終わったしなぁ。
絶望したら、魔女になるぜヒャッハーという感じでしたし。

まぁ、なんにしてもこれがただの魔法少女ものだったら、
こうも話は受けなかったでしょうね。
あとは、魔法少女じゃない物語だったら。
私的考えでいえば、魔法少女ものだから受けがよかったんじゃないかと思います。
ちょっと、微妙に違いますが「ひぐらし」や「うみねこ」も
タイムリープものといえば、それです。
まぁ、原作があるぶん、ポジションが違いますが。
あれは、ここまででかく取り上げられていません。
他にもタイムリープものは多々あります。
ですが、魔法少女というものを使ったのはそう数あるわけではないですね。
つまりは、そういうことなのです(どういうことだよ、バーニィ
あとは、まどかがいつ魔法少女になるのかといったところですかね。

2chより抜粋

まどかの願い=魔法少女の結末の改変。
改変前:魔法少女→(絶望)→魔女化してQB(゚д゚)ウマー
改変後:魔法少女→(MPギレ)→魔女化せず消滅。
このようにインキュベーターの生み出した魔法少女システムそのものを改変した。
その結果、生まれてくるはずの魔女は現れず、魔女に殺されたマミや杏子は生き返る。
しかし、魔女にやられたわけではないさやかは、上條のために力を使い尽くして綺麗に散るという改変しかできなかった。
また、まどか自身が溜め込んだ絶望は宇宙全体に影響を与えるほどの脅威だったが、全ての魔法少女を絶望から救う
という願いを自分にも当てはめることで打ち消した。

まどかと最後の別れを済ませた後、ほむらはまどかによって改変された世界へと戻る。
その世界ではインキュベーターは、少女の絶望を食う存在ではなく、魔女の代わりとして出現するようになった
魔獣という存在が落とすコアを食うことで、エントロピーの減少に対応する存在になっていた。
ほむらはまどかの意思を継ぐ魔法少女として、彼女が守りたかった世界を守り続ける道を選んだ。




最後まで、毎週楽しみに見させていただきました。
素晴らしい作品だと思います。
制作スタッフの方、お疲れさまでした。

また、こういうちょっと思考が違った作品が見てみたいものですね。
スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。