[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | なるほど。
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2008.11.21
なんか、アニメみなくなってきたなぁ。
とりあえず、とらどらを見ようとするが・・・
ハンゲのパチスロDXにて、新台マジレスが追加されたのでやってみてる。
混んでてそれほどいい台か判別できないので後日にしよう○

研究室まで10F。
毎日上り続ける!
と二日目ですが……
いやはや、結構肉体的ダメージをうけるなぁとwww
いいトレーニングです。
色々に向けての体力づくり等必要ですからねぇ。
最初はつらいけど、そのうちきっと慣れるでしょう(たぶん。


電車ss
電車にいる間だけ執筆
なんということをやっていたんだろうなぁwww

内容は、わりと意味不明。

足音が聞こえる。
それはいつでもどこでも。
後ろを見ても誰もいない。
けれど、聞こえる。
それは徐々に近く感じるようになった。
怖くなって兄さんと病院にいった。
結果は、異常なし。
兄さんが脳波も見てもらえと言うのでそれもやったが同じく異常なし。
すこぶる健康状態だそうだ。
帰りに兄さんに笑われてしまった。
ただ、疲れているだけだと・・・・・・
だけど
だけど・・・
聞こえるんだ。
今だって、こっちに向かって歩いてる。
笑う兄さんにそんなことは言えなかった。
これ以上心配をかけたくないし、へんなやつだと思われたくない。

じばらくすると、足音はぴたっと聞こえなくなった。
あんなにいつものように聞こえたのにどうしてきこえないんだろう?
どうして・・・?
なぜ、どうしてだと思うのの?
聞こえない方がいいのに・・・
わからない、わかりたくない!
友達に相談すると、お寺を紹介してくれた。
確かに、症状を考えると心霊現象にも似てる・・・
が、今何も起きてないという理由にはなりそうもなかった。

先日、セクハラまがいだったがそのお寺にいった。
なんだろう?
ほっとしたというのか。
何もないと言われたとき、その場で倒れてしまったみたいだ。
再び、私の目が開いたときそこは真っ白だった。
白一面の部屋。
ベッドとドアしかない。
「び、ょういん?」
思わず心で思ったことが声に出てしまう。
当然、誰にも聞かれることはない・・・
そう、思っていた。
「・・・うふふ」
「え!?」
小さい声で笑い声が聞こえた。
それはあの足音のように鮮明に聞こえた。
「・・・っ!?」
怖くなって、私はその部屋をくまなく探した。
しかし、声の主と思われる人物はいなかった。
「なんでここにいるんだろう・・・?」
なぜいるのだろう?
倒れたことは覚えている。
当然、そのあとの記憶はない。
病院かと最初は思ったがもしかたら、神社のある部屋なのかもしれない。
「・・・うふふ」
まただ・・・
また、聞こえる。
いやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだ。
聞きたくない聞きたくない聞きたくない聞きたくない聞きたくない聞きたくない。
誰か助けて。
誰か人に会えば安心できる。
ドアのノブにてをかける、いきおく回そうとする。
が、なぜかためらった。
本当に開けてしまっていいのだろうか?
本当に?
「ここにいたって・・・」
誰もいない。
お兄ちゃんがいない。
手が震える、それが恐怖、寂しさなのかはわからない。
ふと気付いた。
「携帯!」
そう文明の進化というのだろうか。
人の温もりは感じれないが、そこに人がいて私がここにいるという安心感を得られる。
そう思い、ポケットに手を入れる。
「っ・・・あっ!?ぅ・・・」
いやな感触がした。
そこはポケットなのに、べっどりと手に何かまとわりつくものを感じた。
「きにしない……きにしない」
なぜべっどりするかは、極力頭にいえず携帯を探した。
「これだ……うっ」
とりだした携帯電話は変色していた。
それはべっどりした原因。
とりだした瞬間手を離してしまい、もうなんだかわからない。
携帯電話なんてものは最初からなかったんだ。
そう思うことにした。
「やはり、でないと……」
べっどりしたその手の状態でドアノブを再び握り締める。
そして、ゆっくりとドアを開けた。
「……おかえり」

空には、たくさんの目があった。
そして、その先には一人の少女が笑顔でこちらをみているのであった。
スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ