[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 超・短編シリーズ「Sorrow」
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2008.05.06
超・短編シリーズ 「Sorrow」

以前、かいてあった作品を公開しようかと思います。
内容は、最初のみR15もといR18に近いんじゃね?といわれそうな予感がしますが……
そこは、おそらく大丈夫なような気がします。

ポタ……ポタ……
身体から垂れる汗などによって、おそらく地面には水溜りができているだろう。
「はぁ……はぁ……」
もう何分、ここにいるのか私にはもうそれすら考える力は残っていなかった……
身体は動きたいけど、何かに縛られていて動くことができない。
ジャリ、ジャリと何かがこすれる音が聞こえるそれはまるで、何かに引っ張られているものがお互いにぶつかりあうようである。
目にはなにやら、アイマスクのような物がかかっているようだから私は周りを見ることができなかった……
音だけは鮮明に聞こえる。
五感の1つである目が閉じられているために、耳が鮮明になっているのかもしれない。
「チュハ…グチャ…」
目が一度だけ見えたことがあった。
それは、少し……ほんの少しだけ……
一瞬だけ見えたのは……
いつも私と一緒にいてくれたあの人が……
目の前で、私のいやらしいところをさわっているのを見た。
ただそれだけであった…
「くちゃぺちゃ……じゅるり……ふぅ……相変わらずだね」
その人が……舐めたり、吸ったりしている。
「うぅ……あぁ……」
光が見えないせいなのか、触覚が鋭くなっていつもより身体が疼いてしまう。
そのせいで、身体の火照りが治まる気配は一向になかった。
むしろ、それよりは高まる一方であった。
「も、もうやめて…お、お願いだから……ね?」
私は、すぐにこんなことをやめさせたかった。
いつも一緒にお互いに信頼しあっていたのに……
どうして?
なぜ・・・
こんなにも無理やりな……
「何いってるの?お願いします!してください!でしょフェイトちゃん?」
いきおいよく私の乳房を抓るなのは。
「い、痛い、痛いよ!そんなにつよく抓らないで!!!そんなにしたらとれちゃうよ!!」
「そういっても、ほら、ここは正直じゃない?違うのかなぁ?私違うこと言ってるのかな?」
私のあそこに手をいれて、クチャクチャといやらしい音を立てる。
「や、やぁ・・・だ、だめだって・・・」
「あはははははははははは!」
 なのはの手がさらに私にせま……
「あ……!ゆ、夢か……こんなリアルな夢は見たくなかったな……」
 頭をかくフェイト。
「Zzzzz」
 隣で眠っているなのはとヴィヴィオ。二人の頭をやさしく撫でるとフェイトはある事件を思い返し始めた。

× × ×

家が瓦礫と化した街中でフェイトとなのははお互いデバイスを解放した状態で対峙していた。
「私がもし・・・もし、ただ殺戮を繰り返す悪魔になっても……」
ワイシャツ姿のなのはは、フェイトに向かってそう話す。
お互いすきあらば攻撃できる状態であった。
それは、なのはが街を破壊しあろうことか住民に向かい魔法攻撃を行っていたのをフェイトが発見してしまったためだ。
なのはの顔はどこか何かに怯えているようだった。
「……あなたは、私を好きだといってくれますか?」
けれでも、目は真剣で見つめてくる。そこには偽りは感じ取れない。
「たとえ、悪魔になろうと私の気持ちは変わらないよ……なのは……いつもいつでもあなたの側にいる……」
やさしくなのはを抱きしめるフェイト。その暖かさはいつものと変わらない安心できる暖かさだ。
「ありがとう……一つだけ約束をして……私が悪魔になってしまったら……フェイトちゃんが私を……コロシテ……」
一瞬だけ、頭の中が固まってしまったがフェイトはそれを了承した。
「なのはぁ・・・アム、はぁ・・・ちゅぱ・・・っ」
キスをした二人は抱き合ったそのまま、爆発した。

×××

あのとき、本物のなのはが助けに来てくれなかったら私は偽者のなのはと一緒にしんでしまってたかもしれない。
あのなのははいわばFATEプロジェクトのような悲しいプロジェクトをしようして生まれた子。きっと、一緒に爆発しろという命令に必死に反抗していたと思う。
あのこの顔はさびそうにしていたから……
本当は私がさびしかったのかもしれない、だからこんな夢を見てしまったんだ。
「ふふ、ひさしぶりにキャロたちとお出かけしてみようかな」
フェイトは朝日にそうつぶやいてベッドから飛び降りた。
「さぁて、二人にたまには私の手料理でもたべてもらおうかな」
スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
>>会長さん
バトルシーンは、こういうものだと名シーンになりそうですよね。
身内での戦いではきっと熱いものなんでしょうね。
いつか、そういうシーンがあるものも書いてみたいですね。
Posted by りりかる(日宮理李) at 2008.05.08 22:55 | 編集
なの×フェイはエロスギル/ヽア/ヽア(*´ρ`*)/ヽア/\ア

私的には、偽なのはVSフェイトのバトルが気になる~w
Posted by 会長 at 2008.05.06 21:21 | 編集


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ