[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | アイネングーテンターク
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2007.11.20


ACT4詳細
明日、やる気みたいですね。

レア防具追加

●2つの部位でセットになっているセット防具及び、セットではないレア防具を多数追加しました。
●布防具:「ベヒーモス冒険者のための知能の礼服上着」など、部位ごとに10個ずつ全部で50個の防具を追加しました。
●レザー防具:熟練されたベヒーモス冒険者の為の神速と鋭利のレザー上着など、部位ごとに10個ずつ全部で50個の防具を追加しました。
●軽甲防具:アンダーフット冒険者のための力のセラミックメイルなど、 部位ごとに10個ずつ全部で50個の防具を追加しました。
●重甲防具:熟練されたアンダーフット冒険者のための根性と適中と疾走のラメラーアーマーなど、部位ごとに10個ずつ全部で50個の防具を追加しました。
●プレート防具:ノースマイア冒険者のための力と知能の鋼鉄メイルなど、 部位ごとに5個ずつ全部で25個の防具を追加しました。



ギルドメンバー等級変更システム導入!!

●ギルドメンバーの等級を多様に変更できるようになりました。
●ギルドマスターは副ギルドマスターを任命できるようになり、ギルドメンバー達を優秀/一般/新入などの様々な等級で管理できる様になりました。
●各ギルドメンバー等級によって、ギルド関連機能の利用権限や受けるボーナスの差があります。

◆ギルドマスター:ギルドに関する全ての機能利用及びボーナスの適用ができる。
◆副ギルドマスター:ギルドメンバーの等級変更、ギルド招待、ギルド昇給、ギルドスキル習得及びギルドスキル適用のボーナス。
◆優秀ギルドメンバー:ギルド招待機能利用及びギルドスキル適用のボーナス。
◆一般ギルドメンバー:ギルドスキル適用のボーナス。
◆新入ギルドメンバー:利用可能な機能やボーナスなし。

ギルドスキル導入!!

●ギルドレベルが上がる度に、ギルドスキルが習えます。
●ギルドマスター及び副ギルドマスターがギルドスキルを習うと、新入ギルドメンバーを除いた全ての等級のギルドメンバーに習ったスキルの効果が適用されます。
●ギルドマスター及び副ギルドマスターがギルドスキルを習えば、自分のスキルウィドウの一般タブで習ったギルドスキルを確認することができます。

これからのギルド関連アップデートの計画

●多様なギルドスキル追加
●ギルドクエストシステム



ギルドレベルシステム導入!!

●ギルドレベルシステムが導入されます。
●ギルドに属するユーザーが疲労度を使う度に加入したギルドのギルド経験値が増加し、一定量のギルド経験値を得るとNPCバケンを訪ねて「ギルド昇給」が行えます。
●ギルドを昇給させるとギルドスキルポイントが得られて、そのスキルポイントで様々なギルドスキルを習うことができます。(今回のアップデートでは゛「個人能力増加」スキルだけが適用されます。)



さぁ、みんなでロリアンに篭ろうwww
疲労度をつかうとだろwww
なんという、経験値の稼ぎ方www

●メイジのステータスが変更され、新規スキルが追加されました。

●メイジの基本攻撃のモーションを3連打に変更し、バトルメイジの場合、基本打撃のモーションを完全に変更しました。

●メイジの基本MPを低下しました。その代わりにスキル使用時の消費MPを全体的に低減しました。



いつもハンゲームをご利用いただき誠にありがとうございます。

下記の日程でアラド戦記定期メンテナンスを行います。

○定期メンテナンス時刻
2007年11月21日(水) 8時00分 ~  19時30分
※上記メンテナンス時刻を訂正いたしました※
※定期メンテナンス時間は作業により時間を変更する場合がございます。
 予めご了承下さい。

このメンテナンスにてACT.4「神よ、我が祈りを・・・」を導入いたします。

ACT.4の詳細についてはこちら>>

お客さまとともに発展するアラド戦記となるようご協力お願い申し上げます。

『アラド戦記』運営チーム



とても、いい天気ですね・・・
さて、アラドのスキル振り・・・を考えてみたというわけで・・・

エレメンタルマスター lv50 残りSP366
ランタンファイア   【5】 空中ランタンファイア 【 】
フロストヘッド    【10】 フローレスセント 【1】
プルート        【M】 エレメンタルバーン【 】
ショータイム     【】 メモライズ     【M】
ムーブキャスト    【M】 フレームストライク【5】
サンバースト     【】 チーリングフェンス【5】
ヴォイド        【5】 火属性マスタリー 【2】
水属性マスタリー  【2】 闇属性マスタリー 【M】
光属性マスタリー  【2】 ハロウィンバスター【 】
サンダーコーリング  【 】 アークティックフィスト【1】
ナイトホロー       【M】
天撃             【1】 オーラシールド   【】
テレポート       【1】 ディスエンチャント 【 】
マジックミサイル   【1】 Cマジックミサイル【 】
シュルル        【M】 古代の図書館    【 】
バックステップ    【】 古代の記憶       【】 
魔法クリティカル   【】 魔法バックアタック【】
この元のあれは、エレメンタルジャンキーのクイーン☆嬢さんに
お借りしたものです。

今のところこんな感じ・・・
各種マスタリーを取っているのは、確か覚醒スキルの前提が
各種マスタリー+2だった気がするので・・・
変更された、違うのだたらオワタw
氷が1なのは、あまりlvをあげてもそれほど、ダメージが上がるわけではないため。だいたい10%ぐらいあがるんですが・・・
8回全部当たらないと、あまり意味はないかなぁと。
ある意味でPT用のために1みたいな・・・
プルートがあるので、こちらでまとめてMobを狩ることができますし…
中級はサンバ以外はlv5とり。
だいたい、攻撃力が400%~500%(ヴォイド以外
の付近の%で固定としてます。Mまでとれば・・・
それこそ600~700%ぐらいのダメージは想像できるのですが…
難しいものですね。
これでとりあえず、本鯖でlv上げをしていって・・・
火力が足りないのであるならば、古代、魔法クリの採用も
考えたいところですね。
過剰武器が入手したら・・・一発攻撃ボーンと終わりそうですね。
調整はやはり、長くプレイしないことにはわかりませんし・・・
テス鯖で長い間やっていても、最終的には損をしてしまうので・・・
というか、テス鯖で強化で遊んでしまって・・・
カオススタッフおじゃん・・・防具おじゃんwww
どう考えても戦えない格好になってしまったのでww


下記は、いつものようにニュース紹介。
いくらかの機能をフル活用してみる
「Wonderland ONLINE」,クライアントの先行ダウンロードを開始

11月20日からオープンβテスト開始予定となっている本作は,コンシューマRPGライクな戦闘シーンや,奥の深い生産システム,豊富なイベントシーンなどが特徴だ。4Gamerではクローズドβテスト時のプレイレポートを掲載しているので,ゲームの詳細を知りたい人は読んでみてほしい。
オープンβテストの実施期間は11月20日3:00PMから23日11:00AMと短く,オープンβテストが終了して約7時間後の6:00PMには,正式サービスに移行する予定だ。今のうちにクライアントをダウンロードしておき,明日から始まるオープンβテストに備えておこう。



オフラインイベント「2007 アラド戦記 セリアとの懇談会」が開催

2007年11月17日,NHN Japanが運営するアクションRPG「アラド戦記」のオフラインイベント,「2007 アラド戦記 セリアとの懇談会」が東京・品川,NHN Japan社内の会場で開催された。イベントは招待制で,事前に申し込みのあった1500人を超える応募者から,アラド戦記のファンサイト管理者などを中心に選ばれた30名が参加した。
 当日は,韓国の開発元であるneopleから,開発プロダクトマネージャー キム・ウンサン氏をはじめとする4名も出席。単なるファン向けの感謝祭というよりは,日本のプレイヤーの要望や不満などを直接ぶつけてもらうための場という色合いが強く,後半に行われた質疑応答が最も盛り上がりを見せるという,ユニークなイベントであった



プリースト、ダンジョンなど追加要素発表『アラド戦記』イベントレポ

NHN Jpaanは、2007年11月17日(土)にMMOアクションゲーム『アラド戦記』のオフラインイベントを行なった。『アラド戦記』は、同社が運営するゲームポータルサイト・ハンゲームでプレイできるアクションゲーム。ひとりでダンジョン探索を行うほか、最大4人でパーティプレイを楽しむことができる。韓国では『Dungeon and Fighter』というタイトルで、長い間オンラインゲームの人気ランキングの上位に位置するタイトルだ。
  今回の「2007アラド戦記セリアとの懇談会」には、公式サイトから応募したユーザーから抽選で選ばれた約30人が参加。今後の『アラド戦記』に関する報告や、開発者との質疑応答などが行なわれた。



まぁ、どちらの写真にも一応私が写っていたりしますが、
本人じゃないとわからないwww

「Gamepot Festa 2007」『FE』の来場者特典の一部発表

ゲームポットは、2007年12月16日(日)に開催を予定しているオフラインイベント「Gamepot Festa 2007」の来場者特典の一部を明らかにした。さらに、来場者全員に「会場限定WebMoneyカード1000円分」のプレゼントも用意されている。このWebMoneyの図柄は4種類用意されており、そのうち2種類は極端に少ないレアカードとなっている。どの図柄を手に入れられるかは、手に取るまで分からないという心憎い演出。今回「Gamepot Festa 2007」紹介ページで、『ファンタジーアース ゼロ』をモチーフにした新デザインカードが公開されている。
◆『ファンタジーアース ゼロ』来場者特典アイテム一覧
※「お楽しみ袋」の中に下記アイテムがランダムで一つ封入
[● 名称 ▽ 種類 ▽ 必要Lv ▽ 能力値/強化上限 ▽ エンチャントスロット/強化上限 ▽ 最大耐久度 ]
● ヘクトル武器セット
▽ 片手剣 ▽ 10 ▽ 100/100 ▽ 3/4 ▽ 58410
▽ 盾 ▽ 10 ▽ 24/24 ▽ 0 ▽20820
● ドガス ▽ 両手槌 ▽ 10 ▽ 125/125 ▽ 3/4 ▽ 41310
● ラウンデル ▽ 短剣 ▽ 10 ▽ 100/100 ▽ 3/4 ▽ 50580
● クレインクライン ▽ 弓 ▽ 10 ▽ 72/72 ▽ 3/4 ▽ 98685
● アトラナート ▽ 杖 ▽ 10 ▽ 100/100 ▽ 3/4 ▽ 43200

◆Gamepot Festa 2007開催概要
○開催日時:2007年12月16日(日)10:00~20:00
○開催場所:パシフィコ横浜 展示ホール Dホール
○入場料金 前売り800円/当日1,000円(税込)
※前売り入場チケットは、@電子チケットぴあにて12月13日(木)まで発売



スティング携帯サイトで、PSP『ユグドラ・ユニオン』体験版配布

スティングは2007年11月20日(火)より、同社の公式モバイルサイト「スティング☆ステーション」において、2008年1月24日(木)発売予定のPSP用タクティカル・ファンタジーRPG『ユグドラ・ユニオン』の体験版UMD配布キャンペーンを実施することを発表した。
 期間中、「スティング☆ステーション」内に設置される応募ページよりプレゼントに応募することで、先着8,000名に『ユグドラ・ユニオン』の先行体験版UMDがプレゼントされる。なお、応募には「スティング☆ステーション」のコース会員登録(有料会員・無料会員どちらでも応募可)が必要となる。当選は先着順となるので、いち早く体験してみたい人は急いで「スティング☆ステーション」にアクセスしてみよう。


体験版もらってもなぁ・・・

アニメも人気の恋愛物語がADVに!
『Myself ; Yourself』
 『Myself ; Yourself』公式サイト
ハード: プレイステーション2
メーカー: イエティ
ジャンル: 恋愛アドベンチャー
発売日: 2007年12月20日(木)予定
価格: 通常版 7,140円(税込)
初回限定版 10,290円(税込)

故郷に戻ってきた少年が出会う、変わらないものと変わったもの



超プレミアムBOXの内容が明らかに!PSP『涼宮ハルヒの約束』
ハード: PSP
メーカー: バンダイナムコゲームス
ジャンル: 非日常体験アドベンチャー
発売日: 2007年12月20日(木)予定
価格: 通常版 5,040円(税込)
超プレミアムBOX 9,450円(税込)

超プレミアムBOXには7つの特典が付属!
・北高制服モチーフ特製ポーチ
・SOS団マーク入りソフトケース
・特製デザインヘッドホン
・いとうのいぢ先生描き下ろしスティックポスターセット
・朝比奈ミクルのふきふきストラップ
・ビジュアルアーカイブ(全28ページフルカラーのアーカイブ)
・長門有希のおしゃべりたいまー用縦置きスタンド

このなかで特に注目したいのが、長門有希のおしゃべりたいまー用縦置きスタンド。これは『涼宮ハルヒの約束』におまけとして搭載されている機能「長門有希のおしゃべりたいまー」使用時に役立つ専用スタンド。従来のPSPと、新型PSPを置くことができる。
 「長門有希のおしゃべりたいまー」は、長門がPSPにつねに表示されているタイマーで、普段は本を読んでいるだけだが、毎正時ごとに時間を知らせてくれる。さらにLボタンを押すと現在の時間を伝えてくれる、設定時間になると声をかけてくれる、特定の日にはその日に関するエピソードを教えてくれるといった機能も備えており、ファン以外でも便利に扱えるようになっている。



特典で4000円も高くなるのか・・・特典商法かなぁ

Amazon、ワイヤレス機能つき電子書籍リーダー「Kindle」発売

高速データ通信のEV-DO対応で、既に用意された9万冊以上の書籍を直接ダウンロードできる。本体は399ドルで、書籍は1冊10ドル程度から。通信は無料。


本を読む人には、よさそうなものですね。

「PC-DARTS」がツンデレに

エポック社は、「PC-DARTS」ののカスタマイズ素材として、音声を使った「オリジナル効果音」を提供する。声は「初音ミク」の藤田咲さんと、ブラピの吹き替えでお馴染みの細井治さん。



新たなる狩場を求めて――「モンスターハンターポータブル2nd G」

140万本以上の出荷を誇るPSP用ハンティングアクション「モンスターハンターポータブル2nd」に待望の新作「G」が登場する。カプコンは、「モンスターハンターポータブル 2nd G」を2008年3月13日に発売する予定だ。

 新たな領域に踏み込んだ最新作では、「G級クエスト」はもちろん、進化したモンスターや新フィールドが登場するなど、新要素が多数搭載される。さらに仲間とともに狩りへ出掛ける楽しさを追求し、コミュニケーション要素を強化するとのこと。



PS3タイトルの開発環境を大幅に強化する支援策発表――SCE
 

ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)は、傘下にあるゲームプログラミングツール開発会社であるSN Systems Limited(以下、SNシステムズ)の主力製品であるProDG、および効率的な開発を支援する新製品を含む開発ツール群を、プレイステーション 3(以下、PS3)のSoftware Development Kit(SDK)に標準搭載することで、より充実したサポート体制を構築していくと発表した。


どんどんソフト出して欲しいものですね・・・
やりたいPS3のソフトがたくさんでれば、PS3も売れるでしょうし。

「METAL GEAR SOLID」2本、PS2ベスト版で登場


古代文明の秘宝を求めて放課後の冒険をはじめよう――「暁のアマネカと蒼い巨神」

「暁のアマネカと蒼い巨神」は、「蒼い海のトリスティア」、「蒼い空のネオスフィア」と同じ世界観の元に展開される物語。プレーヤーは帝都にある「帝国ジュニアアカデミー・パシアテ文明研究会(通称「パシ研」)」を舞台に、主人公であるアマネカ・マッハバスターとなり、個性豊かなキャラクターたちとゲームを進行していくことになる。
本作では、プレイスタイルに合わせてどのキャラクターを育てるかを考えてプレイするのもポイントの1つ。戦闘で得られる経験値より、任務を達成して得られる経験値の方がはるかに多くなっている。誰を育てるかを考えてプレイすることで、より高度で、さらにスリリングな戦いを味わえるはずだ。そして大事に育てたキャラクターは、イベントでも活躍する。もちろん、機動兵(ゴーレム)も強化・改造でよりパワーアップしていくことができる。


価格(税込) 8980円(予定)
発売予定日 2008年3月予定
メディア DVD-ROM
ジャンル 冒険部運営アドベンチャー
キャラクターデザイン 駒都えーじ
シナリオ 竹内なおゆき
初回限定版同梱特典 未定
発売 工画堂スタジオ
開発 くまさんちーむ
対応OS Windows 2000 Professional/Windows XP(Home Edition/Professional)/Windows Vista(HomePremium/Ultimate)すべての日本語版、のいずれかが動作することをメーカーにより保証されているパソコン。
CPU Pentium III/1GHz以上必須、Pentium 4以降のCPU推奨
メモリ 256MB以上が必要
グラフィックスカード 64MB以上のビデオメモリを搭載し、DirectX9.0以降に対応したグラフィックスカードが
ディスプレイ 800×600ドット、High Color以上を表示可能なディスプレイが必要
Direct X DirectX9.0以降が必要
サウンド DirectX9.0と100%互換性のあるドライバを備えたサウンドカードが必要
HDD空き容量 3GB以上
その他 ゲームをインストールするのにDVD-ROMドライブが必要
※メーカー品以外の自作機、ショップブランドパソコンなどでの動作は保証いたしかねます。
※お使いのOSがWindows2000、WindowsXPの場合、ゲームのインストール・実行およびアンインストールするには管理者権限(Administrators)でログインする必要があります。

ついに「真のクアッドコア」が市場へ。AMD,新世代CPU「Phenom」を発表

2007年11月19日2:01PM,AMDは,「真のクアッドコアCPU」として知られてきた,デスクトップPC向けの新世代CPU「Phenom」(フェノム。正式名称は「AMD Phenom Processor」)を発表した。その名が発表されてから早半年。開発コードネーム「Agena」(アジーナ)とも呼ばれていたCPUが,ついに登場することになる。
 本稿では,AMDの日本法人である日本AMDが開催した報道関係者向け事前発表会の内容を中心に,Phenomの概要をまとめてみたい。



スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ