[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | なぬはStrikers第一話「空からの使者」前編
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2007.04.08
魔法少女リリカルなぬはStrikerS 
第一話「空からの使者」

なのはSS第一話を見ながら、これを読むイメージですかね。
動きなどはアニメを見ながら見るといいかもです。
ネタとして、お受けください。
はじめに言いますが、怒らないで見てくださいwww
あと、なのはSS一話を見ながらのほうが
おもしろいと思います。
ってか、それしないとわからないかも



0071年 4月29日
みっどチルダ臨海第100空港
小さいころの私は本当にすごく生意気で事件ばかりを起こしていた。
悲しいことやつらいことに憎しみだけ感じていた
「だめだ、だめだ先に進めない!」
「なんとかならないのか!このさきに子供がいるんだ」


ス「お父さん、お姉ちゃん誰かいる?いないよねぇ・・・ では、じゃーーーぷ!」
ス「ひぎぃ、熱く痛い…」
ス「この痛さ・・・ 快感・・・」
ス「誰か・・一緒に体験しないか・・・いい感じ!」
瓦礫が倒れてくる。
ス「お?」
な「よかった、間に合った。よくがんばったね。助けに来たよ。」
ス「火事が足らないんです!」
な「わかった、いくよレイジングハート。一撃ですべて消し飛ばすよ!」
レ「オーライ、SLB」
な「スターライトブレイカー!!」
一面吹き飛ぶ。

な「こちら、現場を完全に破壊しました。」
オペ「ご苦労様です、さすが白い悪魔ですね。」
な「他の拠点もすべて破壊に回ります。」
オペ「了解です。頼みます。」
星空を見る。
ス「すべて、破壊してもらった。助けてくれたあの人は
抱きしめてくれる腕がとても強くて、痛すぎて。」
ス「痛さで涙が止まらなかった。」
ス「私はあの時、生まれて初めて心から思ったんだ。」

このままだと、

ヤラレルと・・・

時は4年後・・・
ティ「スバル、あんま動き回るとズボンが脱げるわよ。」
ス「えー、ティア、へんなこといわないで!ちゃんとベルトは締めてるよ?」

通信が開かれる
リ「おはようございます。さて、破壊工作員Aの受験者二名そろってますか?」
二人「は、はい?」
リ「確認しますね、反管理局所属のスバル・ナカジマ二等陸士とティアナ・ランスター二等陸士、所有してるのは工作員Bで本日受験するのは破壊工作員Aの昇格試験で
間違いないですね? 」
スバル「はい」
ティア「間違いないと思われますよ?」
リ「はい、今回、担当を行います、リインフォースⅡ空曹長であります。よろしくですよ。」
二人「よろ~」
上空
は「さっそく、始まったみたいだね。リインはなめられてるんとちゃうか・・・」
フェ「はやて、ドア全開だと、突き落とすよ?こっちでモニターみようよ」
は「え、はーい」
フェ「この二人がはやての見つけたこたちだね」
は「うん、二人ともなかなかいじめがいがある、えぇ素材や。」
フェ「今日の試験の様子をみて、いけそうなら正式に引き抜き?」
は「直接の判断のなのはちゃんにお任せしてるけどね。」
フェ「そ、そっか・・・」
は「なのはちゃんの直接の部下で、なのはちゃんの練習相手になるんやからね。」


場所がかわって、なのは一人で立っている。
レ「範囲内に生命反応、危険物の反応は多少あります。」
レ「コースチェック、終了です。」
な「うん、ありがとう。レイジングハート。障害物の設置もおkだし、私たちは全体を見ていようか。」

場面はスバルたちの場所へと変わって
リ「二人はここからスタートして、各種のロストロギアを破壊。
あぁ、もちろん破壊したら爆発するのがありますからねぇ。
妨害攻撃に気をつけて、すべてのロストロギアを破壊。
制限時間内にゴールを目指してくださいです。
なにか質問は?」
ス「えーと」
ティ「なんかいたらやっつけていいの?」
リ「妨害してきたものは排除ですよ。」
ティ「了解です、以上ありません。」
ス「ありません。」
リ「ではスタートまであと少し。ゴール地点で会いましょうですよ♪」

二人「レディ、ゴー」
は「お、始まった、始まった」
フェ「お手並み拝見と」

ティ「スバル」
ス「う、ん?」

スバル「中のロストロギアは破壊してくる」
ティ「はげしくね!」
ス「おーけー。」

「なんだ貴様らは!」
ス「ロードカードリッジ、はあああああああああああシューーーーーと」
「うわあああああああああああああああああああ」
ティ「冷静に頭だけを狙えば・・・」
「む、なんのおとだ・・・」

ふたり合流
ス「いいタイム」
ティ「当然」

フェ「うん、いいコンビだね。」
は「そやけど、難関はまだまだ続くよ。とくにこれがでてくると受験者の半分以上がけし
飛ぶ、 大型ロストロギア」
フェ「今の二人のスキルだと、普通なら防御も回避も無理、一瞬で抹殺されちゃうね。」
は「どうやって切り抜けるか、知恵と勇気の見せ所や。」

ス「いくぞー」
ティ「スバル、うっさい、なぐるよ?」
ス「殴ってるジャン・・・」

後編へ




FC2ブログランキング

スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
>>ディアボロスさん
見ながら見ると、また違った味が(ぉ
とかじぶんで言ってみるwww
>>会長さん
狙ってます(ぇ
一話を見て、実は妄想したものなんですよねww
Posted by りりかる at 2007.04.09 00:37 | 編集
テラワロス
本編見てるけど、見ながら読みたい。
後半にwktkしときます。
Posted by ディアボロス at 2007.04.08 21:54 | 編集
ちょwwwwwww
爆笑しましたwwwwww
本編知ってると想像出来て面白すぎるッスwwwwwwww
Posted by 会長 at 2007.04.08 21:18 | 編集


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ