[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 【ゲーム感想】プリキュア つながるぱずるん
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2017.03.23
https://gyazo.com/3cfc2df2b2ee1ccc47f18343a38b32e6

【『プリキュア つながるぱずるん』ストーリー】
舞台は、心のつながりを断ち切ってしまう敵たち
“ツナガラーズ”に支配されてしまった世界。
世界をつなぐためにプリキュアたちが立ち上がる…!



カードは完全描き起こし&ボイス付き



開発 バンダイナムコエンターテインメント
これで大分察した人は多いだろう。


内容

感想も何も実もなくて、何歳を対称に作ったのかがわからないゲーム。
単純に言えば、ただの集金ゲームであり、【つながらないぱずるん】といったほうがいいくらいのクソゲーである。
運ゲー。育成することもほぼできない。
☆4を後半で手に入れても、なかなか育てられず☆3,☆2のが強いという感じ。
それはまぁ……いいかもしれないが、☆4を手に入れた意味がほとんどなくなる。
そして何よりも必殺技が弱い。ダサい。
パラメータ依存らしく、攻撃力が上がらない限りは、300が2回とかその程度のパズル消したほうが強いレベル。
しかもゲージはなかなかたまらない。
必殺技がダサい理由は、カットインだけで迫力も何もない。アニメを流せとは言わないがどうでもいい感じになってくる。
主題歌が流れる今のイベントはいいが、必殺技でもその演出くらいあっていいんでね?

敵のAIバランスはかなり強い方。理不尽なまでなギミックをこちらに与えてくる。
そしてこちらはといえば、運がよくなければ回復アイテムなどが出現しない。
もちろん、パズル前にアイテムを買うこともできるがそれ以上に敵が硬いし、効果が薄い。
制限時間があって、その間に与えたポイントというルールならともかくとして、このゲームは完全に倒さなきゃならない。

例:
こちら4000 敵40000
こんなバランスで戦闘は行われる(ボス)。

もちろん、レベルが上がれば攻撃力でなんとかなる場合もあるがパズルでよく起こるピース事故の回避方法が存在しない。
そのため、積むパターンが結構ある。
というか、ギミック的にそうなるのがほとんど。

ボムなどで破壊した時は確かに爽快感はあるかもしれないが、基本そうなる前にギミックでつながらないパズルにされてしまう。
そのため、爽快感はないといったほうがいい。
単純な殴りあいにしても雑魚敵のがギミックを使える分強い。
しかも、破壊できるピースが近くに現れないため、さようならと終わる。

最強なのは、そのピースで破壊しないとバリアが壊れないギミック類だろう。
これは完全に近くにその色がなければ、終わりだ。
いくら殴っても、プリキュアの悲鳴を聞くだけのゲームになる。
リョナゲーかな?



最後に

バンナムはいったい何を考えて、このゲームを作ったのか聞きたい。

プリキュアは子供向けなんだよ! そこは大きなお友達もいるからとかで勘違いすんなや!
親が課金するから? 子供がぶん投げるゲームに親が課金するとでもいうのかね?

そもそも大きなお友達用なら、対象年齢を20歳以上とか、60歳以上とか(極端)に変えてほしい。
コンテンツのレーティング 3 歳以上
はっきりいって、幼稚園から小学生ぐらいまでの熱中してるプリキュア少女、少年たちは無理だろう。

こんなん出すんだったら、ゲーセンにあるダンスゲーをスマホ版に改造して、
タッチして単純に遊べる衣装ダンスゲームみたいので良かった。

パズルゲームにしても、これの4分の1のマスか、8分の1のマス。
https://gyazo.com/c0599c9ff04d16e7122fa879ff5808c0
これぐらいであるなら、子供でも遊べたかもしれない。
そもそもなんで難しいギミックが最初の方からどんどんどんどんどんどんどん増えまくるのかがわからない。
チュートリアルが一番楽しいかもしれないw
今のところ調整する気はないみたいだし、サービス終了も近いんじゃないんですかね?

まぁ、わかりにくい方もいるかもしれないので実際にやってみると他のパズルゲームと違ってやばさがわかるかもしれない。
が、おすすめは絶対できない。

スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ