[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 【映画感想】映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2016.12.08
https://gyazo.com/49708f2bb68e5342487310a11b981c6a

魔法界に伝わる、どんな願いも叶えてくれるという伝説の「願いの石」。
その復活を祝うため100年に一度開かれるという「大魔法フェスティバル」にみらいたちはやってきた。
願いの石に向かって願い事をしていたところ、その石の力に選ばれたのはモフルンだった。
しかし、モフルンは自分としての願いはなく、むしろみらいたちの願いを叶えて欲しいという。
その最中突然現れた謎のクマ、ダークマターが現れ、フェスティバル会場を襲う。
みらいたちはプリキュアとなって応戦するが、ダークマターには刃が立たない。
そしてダークマターは自らの願いを叶えさせるために願いの石を強奪した上にモフルンを連れ去ってしまい、
みらいとリコはプリキュアに変身出来なくなってしまう。
みらいたちはモフルンを救うため探しに出ることになり、
モフルンもダークマターの元から逃げ出した先のクマたちが住む森で出会った、クマの男の子・クマタと交流するが、
そうした中でみらいもモフルンも今自分が本当に願うことを感じるようになる。
そして、みらいと再会したとき、モフルンのある願いが石に通じ、奇跡をおこすことになる。

原作 - 東堂いづみ
漫画 - 上北ふたご(講談社「なかよし」連載)
企画 - 神木優、西出将之
監督 - 田中裕太
脚本 - 田中仁
キャラクターデザイン - 宮本絵美子、上野ケン
作画監督 - 上野ケン
音楽 - 高木洋
美術監督 - 西田渚
色彩設計 - 竹澤聡
撮影監督 - 安西良行
製作担当 - 大町義則
アニメーション制作 - 東映アニメーション
製作 - 映画魔法つかいプリキュア!製作委員会

声の出演:高橋李依 堀江由衣 早見沙織 齋藤彩夏 浪川大輔




ほぼ下書きのような感想


一言感想

https://gyazo.com/078dea1a93ccf61be0c9ad7a13c5e9cf
今回のプリキュアは完全にキュアモフルンのためのものといっても過言ではないでしょう。
お前だけでいいんじゃないかという状態でしたね。






内容

願いを叶えるアイテム(100年に一度)で変身したというのもあって、能力はおそらくプリキュアNo1という感じ。
花鳥風月も精霊の力(ほぼ無限?)というチートではありましたが、
ダークマターを他の3人よりも圧倒してるという部分で他のプリキュアよりも若干上の存在な気がします。
まぁ強さを語るアニメではないので、そこらへんはネタ程度に考えることにしましょう。

https://gyazo.com/abab0092c959fd384e816320c1c4aa5d
キュアモフルンの服装は、キュア幼女に近いですね。
※キュアミューズ

お話の展開としては、強い魔法力を持ったクマが闇落ちし伝説となってた。
そんなクマが願うのは自分のような力がない世界(魔法使いがいない世界)。
誰からも必要とされず、また誰からも好かれることもない。
ある意味で差別されてしまったからこそ、心が歪んでしまったという感じですね。
モフルンとの生活や、クマたちを見るとほんとはもっと関わり合いたかったんだろうなという。
※回想シーンとかも含めて
欲しかったものを最後に手に入れられてよかったなというラストでしたね。

闇落ちしてしまったクマだったからこそ、唯一離れず一緒にいようとしてくれたモフルンには心を開けてた。
自分のベストスポットを教えた。
なんだかんだ彼が完全にはまだ染まってないという意味合いもあそこにはあったのかなぁ。

彼が負の念と離れるきっかけとなったシーンは衝撃的でしたね。
劇場だと実際に小さい子が泣いてました。
それぐらいにインパクトのあるシーンでした。
子供向けなのかなぁと思うくらいに、うわぁというやつです。

最近のプリキュア映画は、挿入歌が必ず流れるのがいいですね。
どれも声優さんが歌ってるのがほとんど。
熱いシーン。悲しいシーン。
盛り上がるところできちんと使ってます。
最近のアニメはそういう表現をしなくなったので、プリキュア映画はいいものだと再認識。







最後に

次のプリキュア映画は、映画 プリキュアドリームスターズ!です。
楽しみですね。


スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック

青の祓魔師 京都不浄王篇に関するアニログです。
anilog at 2017.01.08 21:08
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ