[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 【映画感想】プロメテウス
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2015.05.15
prometheus_main-001.jpg

『プロメテウス』(Prometheus) は、リドリー・スコット監督による2012年のアメリカのSF映画である。
当初、同監督の『エイリアン』(1979年)の前日譚として企画されたが、
後にその見解の確定性を弱める発言がなされるようになった。
撮影は2011年3月に開始された。フランス(2012年5月30日)、イギリス(同年6月1日)などで先行公開された後、
アメリカでは20世紀フォックスの配給によって2012年6月8日に公開、
日本では同年8月24日にPG12指定作品として公開された。

Prometheus
監督 リドリー・スコット
脚本 デイモン・リンデロフ
ジョン・スペイツ
製作 リドリー・スコット
トニー・スコット
デヴィッド・ガイラー
ウォルター・ヒル
製作総指揮 マーク・ハファム
マイケル・エレンバーグ
マイケル・コスティガン
出演者 ノオミ・ラパス
シャーリーズ・セロン
マイケル・ファスベンダー
ガイ・ピアース
イドリス・エルバ
音楽 マルク・ストライテンフェルト
撮影 ダリウス・ウォルスキー
編集 ピエトロ・スカリア



そこそこ楽しめた感がありますが、エイリアンの前日譚と言われるとはてなが浮かびます。
またこれTSUTAYAで借りたのですが、ホラー作品だったんですよね。
まぁ……パニックホラーといえばそうなのかもしれないですが、そういう感じじゃなかったです。
SF感のが強い。
というか、ホラーというわりにはホラーが少ない。
びっくりする要素がそもそもそんなになかったなぁ……。
ドキドキする場面がなかったといっても過言ではないくらいでした(あくまで主観



ざっくりとした感想はもう書いてしまったので細かいところに。

エイリアンの出番がほとんどなかった(さっき書いた
あるのは、お腹から出てくるあの蛇みたいなのと、フェイスハガーみたいなでかいタコ。
あとはおなかくぱぁしてきた幼児エイリアンでしたね。
あのエイリアンっぽいエイリアンは最後の登場だけですので、そういうのが期待してる方はダメかなぁ。
どちらかというと、人と人(アンドロイド)の怖さを感じるものだったような?

デイヴィットがすべてを知ってる感があるのはなぜなのか……。
明らかに、人体実験っぽいことしてるんですよね。
というか、あの液体の粒であんだけって、すっごい兵器ですね。
ほんとうにエンジニアが滅ぼされたんだとすると、納得の行く生物兵器です。

つっこみどころは結構あるのですが、ハリウッド特有のなにかといえばそれで完結します。

お腹を帝王切開後にあんだけ人って動けるのかなぁとか。
(鎮痛剤みたいのをその前に打った時は、気を失ってたけど……いやあれはその効果じゃないとか
麻酔をうってるわけじゃないので、動けないわけじゃないですがあの注してるやつってなんなんでしょうね。
ろくに説明もないのでよくわからかった。

総帥がきてるからってこともあるのですが、寝かしたまま実験体となった人を持って帰るというプランは何なんだろう。
連れ帰って成分分析でもしようと思ったのかなぁ。
でも、そういうのはできそうな気がする(細かいのはどうだろう?
逃げ出したわけだから、もうちょっと騒ぎになるような風にも思えましたが、総帥がきてることを知ってるからなのかなぁ。
うーん、あそこは遭遇させるためにきっと抜けてたんですね。

登場人物たちが博士というわりにあまり知的ではないのはユーモアなのかな。
遺跡に残って殺されちゃう二人なんかはそんな感じ。
確かに動物との接し方であぁいう感じなのがありますが、地球ではなく未知の生物なのでハンターがいるときにやるべきでしたね。
あとものに触りすぎ、ヘルメットを簡単に脱ぎすぎ。
うーん。
エンジニアが起動した宇宙船に体当たりを仕掛けるわけですが、地球の方の宇宙船になんで攻撃手段がないんでしょうかね。まぁ……私が知らないだけかもしれない。
落下してきて、ぐるぐるしてデイヴィット頭と、エンジニアが無事なのもなんともなぁ。
まぁエンジニアが座ってたあのシートがエアバッグとかが搭載されているかもしれないですね。
まっすぐ妊娠した人を狙ってくるのは謎ですが(カメラとかで見てたのかなぁ

物語の最後なのですが、
まぁ確かになぜ地球人を破壊しようと思ったのかは気になりますね。
ただあの二人が母星へ向かったとしても、殺されるだけなんじゃないかなぁとか思ったり。
でも、あの機体乗ってたら疑われず星の中へは入れそう?
きっとそこらへんは、最初のプロローグ部分でエンジニアが死んだところが関係があるんでしょうね。
プロメテウス2も制作が決定してるようですし、いくつかは答えが出るんじゃないですかね。

ただまぁドッキリ感というか、そういうのはたぶんないんじゃないかなぁ。
倒すわけでもないし、戦うわけでもなさそう。

さてこのお話が全くエイリアンとか関係ないものであれば、評価はもうちょっと高かったんじゃないかなと思います。
エイリアンと聞くと、頭にイメージと、お話的な流れができちゃうのはいかんですね。
スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ