[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 【ゲーム感想】1人殺すのも2人殺すのも同じことだと思うから 6月まで
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2015.01.11
ジャケ
なんとうかせっかくカテゴリ増やしたのに、ゲームの話を全くしていない事実……。

いや、しなくてもいいのだけどね。

今回は虹猫さんのゲームが真ん中あたりまで終わったのでそちらの感想。
1人殺すのも2人殺すのも同じことだと思うから


Android版でやっているのですがわりとよく強制終了するかなぁという感じ。
バックログ見てる時に、何かを連打すると落ちる気がする。
デバッグするわけじゃないので、そこらへんはわりとどうでも。
(まぁ、それにしてもよく落ちるのを目にしますが

タイトルがタイトルだったのですが……。
ここまで狂気じみてるものとは思いませんでした。
とはいえ、真夜中にしても目がさめるということはなかったです。
(衝撃度は、スイッチウィッチのが凄かった。
で、他の漫画とかの話はさておき……。

こちらの物語はSEEDに近いですね。
まぁ全然違うのですが、わかりやすくするとDNA組み替えて超人作りました、という感じ。
少子化だったり、あの芸能人の子どもが欲しいとか、夢を叶えて欲しい。
そういう願いからBABYシステムという遺伝子組み換えみたいなのがあるようです。
この物語は、その能力を持った人たちの話で、いわゆる名前のある家系といわくが戦う……感じ。

とか書くと、超能力バトルかと思われますがそうでもないです。

傾向として、
運動能力、脳波、知的能力と能力は限定されています。
火を出したり、空を飛んだりはたぶんないです。
あくまでも人間の出来る範囲(第六感的なのはある ← テレパシーとか
まぁよくよく考えてみれば火を出せる人間を作れたら……こういうタイトルにはなってないですね。

なので、あくまでも普通に刺したり、叩きつけたり、抉ったりするものです。

プレイして思ったのは、陰暦弥鈴の異常性。
とか思うのですが、これも何か理由があってこうなった感がありますね。
二重人格も後で生まれたようですし……。
そこであるのが、陰暦という一族なのでしょうね。
はじまり。
いすずというもう一人のみすず。
これがどうして生まれたのか、どうしてコピーできるのか。
それは7章以降なのかな。

はじめは巻き込まれる系主人公かと思ってたんですけど、まさか主人公が既に病んでるとは思わなかった。
開始30分ぐらいで友人フルボッコ。
赤文字がどうして出たのかはその頃はわかりませんでしたね。
でもまぁ……嘘かどうかわかると人を信じることができなくなるとかって聞いたことがありますね(本当かどうかは知らない
みすずは自分の能力というか妹達のものを完全理解していますが、わりと恐ろしいことを考えてますな。
そりゃ、おかしくもなりそう。

しかしまぁ母親いなくなったのに、死体とか隠せるし……陰暦の影響力ってすごいな。
ってか、誰もいなくなったけど会社とかみすずがやってるのかな?
政府とかは物語には出てきていないけれど……母親いる時から殺してたっぽいし顔見知りなのか。
殺しても良いルールみたいなようだし、そこらへんの構造は気になる。

母親がみすず、みふゆをいないもの扱いにして、みはるにべったりなのも気になる。
みふゆは能力に欠陥があるとして、みすずは絶賛してたんだよなぁ。

と長々と裏主人公的なみすずちんの話をと。
個人的には嫌いになれないw
死んじゃった書記の人のように、何かがあるんだと思うんですよねぇ、うん。

内容が百合百合してるのは別にどうでもいいので、スルー。

そして内容について何も書いてない。
リョナのようなノベルゲーとでも言っておこうか。
あとはホラーか。
暴力的とかかわいいこが傷つくのが見たくない人にはおすすめできない。
お気に入りにしたら、次には死んでる。

必然的にメイン3人のいずれかを気に入る。

(個人的にはさくもちゃんが好きでした。やった奴は許さない絶対にだ!

【ゲーム感想】1人殺すのも2人殺すのも同じことだと思うから 9月まで



スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ