[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 【アニメ感想】PSYCHO-PASSⅡ サイコパス 7話
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2014.11.22
981f5aef-s.jpg
前回の感想

寝言は寝てから言え。
3~6話より全然良かったように思えるが、『一期のスピンオフですか、これ?』みたいな錯覚がある。
脚本家が別の人になるのはいいけれど、ちゃんとこれ虚淵玄、深見真、高羽彩の三名に確認してるのか?
してないなら、こんなにも一期と矛盾が目立つような話にはならないような気がするけど?

うーん。映画には実のところ楽園追放見たせいで、期待ができなくなってしまった。

二期はなんていうか、グロければいいだろうな思考が強い気がする。
一期はそういう意味だと見せないグロがうまかった印象。想像させることが強いね。見せない恐怖、気持ち悪さってのは大事だと思う。
ホラーでもでそうという恐怖感がやはり怖いのであって、ずっと見せられてもただの化け物ものの話になってしまうしね……?



70d02f56-s.jpg 66e5151e-s.jpg 008df152-s.jpg
『例えば臓器移植だ。多くを取り換えることはサイコパスの移植に等しい』

つまりはサイコパスが濁らない理由の一つはこれにある。
ということは、他の人間も同じような理由になりそう。
自分が他人になると、濁らなくなるというのも変な話ではあるが、
それを許してしまうと臓器移植はシビュラシステムに不必要な治療法となる。

今回の話で良かったのは、狡噛が再出演したことと、やっとOPにもでていた飛行機事件に行き着いたことだろう。
7a6532b6-s.jpg fbfe5bd4-s.jpg 4b0c4e61-s.jpg
しかしながら狡噛については実際のところ良い演出ではないと思う。
安直に前作のキャラクターを出せばいいというわけではないからね。
今のところ、狡噛と東金を結びつけている意味はない。

そういや、シビュラシステムがなぜ酒々井くそ監視官のドミネーターを止めないのか説明がやっときてたね。
まぁ、確かに言っていることと朱が問いただした通りのことだと思う。

《サイコパスがクリアなまま行動している監視官をわれわれが止める理由はない》
a0a8ce3c-s.jpg 19a76e10-s.jpg a25fa88a-s.jpg
『あってはいけないの間違いでしょ?それは自己の否定に繋がるから』
システムがシステムである理由。

19619fc4-s.jpg b0878253-s.jpg ed53be86-s.jpg
ここで東金に繋がるが、関係あるのか?
別人の可能性もありけりだが、メンタルヘルスだったような気がする。
ここらへんは来週に解説なるかなぁ。

『だがそれは違う。彼はそもそも1人ではない』
『第3、第4のホロどころじゃない』
268df209-s.jpg 30b37d21-s.jpg 9bf37511-s.jpg
『鹿矛囲はずっと 私たちのそばにいた』

ふーん?
で、こいつは一期の時になにしてたの?
準備? その説明はもちろんあるんだよね?
ずっといましたって怖いけれど、回収と裏付けないと意味ない。
話のつながりがない作品ほど、どうでも良くなっていく。
少なくともこの物語はファンタジーの要素はこれっぽっちもないから、パラレルワールドという解釈は不能。
あの事件の後の物語ということになる。
であるならば、カムイの存在を槇島やら、グソンらが知らないのはへん。
どうようにその逆もしかり。
薬に関しての力はあるようだけど、機械はどうなの?
医者にその機械(?)のをお願いしていたこともあるし、なんなのだろうね。
全部説明が入らないと完全にくそな作品になってしまうが、はたして。

別の話になってしまうが一期で狡噛以外無能ってどこかのスレにあったけれど、二期と比べてもそうは思えない。
大体狡噛が有能なのは、槇島に対する復讐心からと、探偵の嗅覚というやつだろうし。
それに元々朱と同じようにスペックは良かった。
そのリミッターが外せるようになったのが執行官というだけである。

とっつぁんだって、篝だって、良かっただろう。

宜野座さんだって、無能ではない。ただ保守的というか、オヤジを信じられない。
かつての仲間が執行官になるという、過去があるからってイメージが強い。

それと比べるなら、霜月は下の下である。
今のところ、彼女がしていることは、
嫌な上司をちくるために報告書を作ったり、執行官の部屋に侵入したりと、私念が多い。

宜野座さんは、自分の犯罪係数を維持するの必死だったということもあったが、吹っ切れた。
そしておかしなところはきちんと報告するし、注意する。
ぜんぜん無能具合が違うんだよなぁ。

あと他のメンバーを比べてみると、一期と二期はあからさまに見せすぎている。
現場にでて遊んでいたり、敵に寝返ったり、責任逃れをしようとしたり、急に昔の同期に話しかけたりと。
そしてグロければいいじゃないかという暗黙の了解がなんとも。
二話まではまだサイコパスらしさの気持ち悪さが残っていたが、そこから6話まではひどい。

私の知っているサイコパスじゃないというつもりはさらさらなくもないが……、
その演出じゃぁ一期と比べて、ぐっとくるものがない。
スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック

185人の鹿矛囲桐斗
誤 真夜中日記ミッドナイトモノローグ at 2014.11.23 16:58

第7話「見つからない子供たち」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
Happy☆Lucky at 2014.11.23 10:57

見つからない理由。 なるほど、そういうのは考えてなかった。面白くなってきた。
大海原の小さな光 at 2014.11.23 09:44

「彼はそもそも一人ではない」 鹿矛囲の起こした事件を、雑賀は シビュラによる秩序の弱点を一つ一つ確認してるようだと言う。 ドミネーターを複数手に入れて、鹿矛囲は何をするつもりなのか。 雛河が得た情報から、また一歩鹿矛囲に近づくが…
ジャスタウェイの日記☆ at 2014.11.23 09:16

PSYCHO-PASS サイコパス 2に関するアニログです。
anilog at 2014.11.23 08:38

PSYCHO-PASS サイコパス 2  第1話   ~ 第7話 見つからない子供たち 舞台は、人間のあらゆる心理状態や性格傾向の計測を可能とした「シビュラシステム」が導入された西暦2112年の日本。人々はこの値を通称「PSYCHO-PASS(サイコパス)」と呼び習わし、有害なストレスから解放された「理想的な人生」を送るため、その数値を指標として生きていた。 FC2 Blog R...
動画共有アニメニュース at 2014.11.23 04:47

第7話「見つからない子供たち」 謎空間に咬噛さん登場! 前提条件が間違っているか、頭がイカれたのか・・・ 思い込みが事件の全容を覆い隠してしまったという事ですね。
いま、お茶いれますね at 2014.11.22 23:02
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ