[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 映画をみました(一応ネタバレ含み)
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2014.02.23
一週間前に映画見てきましたよ。
まさか、雪じゃなくて事故で東横が完全に止まってるなんて予想外でした。

見てきたのは、
劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』
映画『僕は友達が少ない』
です。

本来なら20数分でつくはずなのに、70分ぐらいかかったかな?
そのせいで、はがないは完全にラストらへんしか見れてないですが……。
電車が止まっていたこと関係なしに、貸切状態でしたけどね。
3人で行ったのですが、5人しか劇場内にいない。
まるで平日に映画館来たような錯覚でしたよ。
あぁいう空間で一人ってのも恐いものですね。
実は映画館のアルバイトをやったことがあるのですが、誰もいない映画館の調査なんかをしたりして、なにかでそうで怖いなことを考えながら、仕事してたっけ? みたいなです。

さて、内容に話をうつしましょう。





映画『僕は友達が少ない』ですが
ラストらへんだけでも十分内容は理解出来ました。
他の実写版に比べると、なんていうか予想しやすいというか、理解しやすい内容だったからかもしれません。
そもそも予告で既に予想した通りの内容でしたからね。
誰かの夢、というSFの話なんだろうなぁと思ってましたがそのままでしたね。
というか、誰でも思いつく内容だったんじゃないかって思います。
オチも予想通りでした。なんてことのないただのSFです。
面白い、面白くないでいえば、原作をしらないのであれば、まぁこういう作品もあるにはあるかなぁっていうくらいです。
原作は一期しか見てないですが、二期が入ってなかったっぽいので余計に私には原作との比較がよくわからんです。
だからこそなのか、これはこれでアリに思えました。
まぁ……当然原作ありきなので、これがこれでオリジナルでやったら、見に行ったのかと言われると微妙ですね。
それは、ただのSFというように、『閉鎖空間に閉じ込められた少年たちが帰ってくる』ただの物語だからです。
ヒロインの名前を呼ぶのがスイッチ。
これもお決まりのものでしたが、まぁ映画っぽい(ぁ
ってか、これ原作知ってる人だと名前呼ぶのがわかりきってるのでつまらないんじゃないのか……な? 知らないと、あぁそうなんだってなりますけど、ネタバレというか基本的に内容を知ってる人が見に行くものですから、あくしろよのシーンにしかならないですねぇ。
とはいえ、他の実写版に比べると物語自体は悪くないと思います。

実写版Another、実写版ひぐらしのなく頃

他の実写版は見てたか忘れましたが、比べるまでもなく一番これがいいと思います。
まぁ……同人レベルっていっちゃあれですが、そういうB級というか、C級なのには間違いないです……。

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』
こちらは最初から、最後まで無事に映画館にいたので見れました(帰りは死にそうでした。
内容はアイドルマスターでしたね(当たり前ですけど
個人的に最後らへんがあんまり好きじゃない。
ラストの曲『 M@STERPIECE』?がやけに長かったので、これで終わりなのかなぁって思ったら、
案の定終わってED。プロデューサーが帰ってきて終わり。
もうちょっと、歌って踊る歌のシーンがあっても良かった(他の曲も
練習風景とかもちろん踊ってたりしますけど……個人的にはあのLIVEシーンを、20,30分でもいいのでやって欲しかった。
だって、そこを目指してやってた物語だったので、なんかカットされたのが納得いかない。
メドレーでも良かったんだけどなぁと、ちょっと残念。
逆に言うとOPの始まり方はすっごく好きです。これで始めるのはほんとわかってるってちょっと鳥肌たちました。

やっぱ歌をメインにする映画は河森正治監督には勝てないのかなとか、正直思いました。
協力会社にエイトビットが見えた気がしますし、もうちょっとなんとかならなかったのかなぁ?
物語自体もアイドルマスターの延長線でしたし(だから、当たり前
アニメ版アイドルマスターが嫌いなわけじゃないですが、同じようなトラブルを同じように解決しているように思えてならないです。アニメの後半部分はそういう意味だとそういう風に私には見えました(あくまでも個人的に
まぁ、物語というのは、問題があって解決があるので、これはこれで普通なんです。
全てが完璧な作品ってのは、ないと思いますから、これはこれで妥協するしかない。
個人的に一番最初にやってた番宣のアイドルマスターが見たい。
眠り姫でしたっけ?
なんでしょうか、シンフォギアとか0048が好きなせいか普通なのが性に合わなくなったのかもしれないです。
でも、スタッフの愛はすごくわかりました。
どこかのアニメみたいな続編を作りたいからって感じじゃなくて、アイドルマスターの映画版って思えました。
映画だから、みたいなノリじゃないぶんただ単にアイドルマスターとして見れるものだと思います。

正直、行くのにつかれて見る気力がなかったというのが感想の大半を占めているような気もします。

そう疲れてると、なんでもイライラしますよね……? たぶん、そんなんです。


スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ