[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | いつもの
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2013.12.15
Refrain、あと何回泣けばいいんだ、と。
原作もそうでしたが、遥か彼方が流れた時点でもうゲームオーバーです。



原作だと、恭介の位置がよくわからなかったのですが、キャッチャー最初してたんですね。
(見逃してただけかもしれないですが……。

というか、次回タイトルだけで泣けてくるのはダメかもしれない。





メロンブックスDLにて、コミケ新刊および、既刊の方を電子書籍にて販売開始しました。

また、DLsite.comさんでも電子書籍販売を始めました。

委託書店や、イベント時の半額程度の価格となっていますのでこの機会に良ければどうぞ!

新刊の委託もはじまりました。
とらのあなにて。




今週読んだ本。
おジャ魔女どれみ17 2nd ~KIZASHI~ 栗山緑
進路に迷う中、他の友だちは着々と行く道を決めていく。
そんな中どれみはどうしようかと迷うに、迷う。
そんな進路に迷う一人がサッカー部のレギュラーの中にもいて……。
という始まり(一章)がこの巻。

実際、受験のために部活をやめる友だちがいなかったのでなんとも言えませんが、色んな事情が人それぞれあるんだと思います。
巻中で、人をよく見ているということをどれみは指摘されていますが、最初の頃と比べてマネージャーとしても、人としても成長しているように思えます。
それは周りにいる友だちがいろんな状況に置かれているからともいえます。
ですがそんな周りの友だちですら、マジョリカや、ララからしてみれば、
「まだまだレベル1」
成長の兆しをそれこそ見せ始めてはいるもののということでしょうかね。

私事ですが昔のことを思い出すと、専門学校行くのを昔はダメって、
言われた記憶があるのに、親は『そんなこと言っていない』と最近言われたことがあります。
なので、大学入学を目指して試験勉強を高校2年後半からしていた気がします。
……結局のところ、その大学でやりたいって思っていたことってやっていないんですよね。
そのままの流れで今となっていますが……無駄ではなかったと思いたいですね。
それは、その後の数年間も同じです。

と、話がそれてしまいましたが、
そういう意味だと……間に入っていた物語(二章)、司さんの経験(他の仕事)を活かす、境遇を活かすってことを今しているのかなぁとふと考えてしまいます。
何にしても第二章は、外伝のような感じのものですね。
ですが、そういうものをちょこっと挟めるのはさすがだなぁと思います。
手馴れてる感じゃないですが、本編から離れているわけでもないが、近くもない。
バランスがうまいですね。
未来を迷っている友だち、道はあるけどそれはそれでどうなのとおもう友だち、家庭の事情で家にいられない友だちと。
迷わないって難しい。

第三章は人の成長ですかね。
これも経験といえば、経験ですが意識力を高めるという効果もあったかもしれませんね。はづきの輝きはそういう意味だと、前巻のお話があったからこそより光っているのでしょう。
どれみも言うようにヴァイオリンスキルは天才に近くて、そうであったとしても努力し続けるってのは、本当に凄いなと思います。
好きだからってこともありますが、絶対になるという心の強さもあるのでしょうね。
それに……ばあやとの約束もありますしね。

第四章で、帯に書かれたおんぷの恋についての話なのですが、
『ま、まだ早いよ』ってそういう意味だったの……?
とはいえ、これが恋なのかどうかははっきりとはしないですね。
どれみ的にはファンと、ファンの対立のように写ったようですし。
そんな場面で、ルナという別の強い自分、強い心をもったはづきも現れたり、現れなかったりとドタバタ。
無論、どれみの恋の進捗状況は変わらない。
国立が最初のスタート地点ですものね。

第五章
冒頭部分の思い出は、思い出ごとじゃなくてきちんと意味があるものでしたね。フラグを活かすというか、昔の伏線を回収していくというべきなのでしょうか。
ここにきて、どうしてハナちゃんが東大のとあるコースを目指しているのかがはっきりします。
――魔女を医療で助けたい。
真っ直ぐな娘に成長したなと思います。
そしてどれみが育てたという雰囲気を醸し出しているようにも思えました。
ところどころ、なんか似ているなぁというのがこの小説シリーズにあるように思えます。
そんな感動に浸っている中、ハナちゃんが大事件を起こすわけですが、
「子供かよ!」
とか思っていましたが、そういえば見た目高校生の中身小学生でしたね。
但し天才ですが。
ここでアニメの最終話の話を持ってくる辺り、原作を見ていた人間としては『あぁ』と声を漏らすシーンですね。
成長したな、どれみというやつですかね!
そういう意味だと、ハナちゃんも赤ちゃんから小学生へと精神年齢がきちんと上がってるのだと思います。
どれみの言葉に耳を傾けて、先生たちの前に行くシーンは本当に、どれみとハナちゃんの成長を感じさせますね。
それがどれみらしさというものなのでしょうが、代わりに打たれて尚更話を聞いてくださいと、説得する。ほんと親子ですよね。この二人は。

そのハナちゃんの言葉による説得後、職員会議によって、一日の停学へ。
そして、二つの条件付きでチアリーディング同好会を作っていいことに。
ここでももこが参戦するわけですが、言い出しっぺの法則というのもあるでしょうが、やはりあと一年しかないから、高校生を満喫したいという兆しをここで再び見せました。(最初は藍への想いからのパティシエールへの兆し
残業してもやりたいことって、何かみんな凄いなと物語なのにそう思えます。純粋さというのでしょうかね。

そんな大事件だったハナちゃん学校立てこもりは、近くの人なら誰でも知っているニュースとなって、ハナちゃんの元へと駆けつけてくる。
そんな中で関先生が再び登場。
この人なんかほんと凄いな。
そしてよく人を見ているし、いつも生徒たちのことを気にかけてくれている。
ん……どこかにそんなキャラクターが……。

さて……みんなが知っているどれみに最も適した職というのは果たして……?
それは明かさずハナちゃんの校長室での言葉で、
どれみはとあることを意識し始めて、眠りにつき、
この巻は終わりとなります。

全員が全員何らかの兆しを見せ始めました。
この小説のサブタイトルにもなっているKIZASHIがようやく全員に行き渡ったのかなといった感じです。
物語は終盤へと進んでいるかと思いますが、
ぽっぷは何を迷っているのか、気になりますね。

継続
えむえむっ! 松野秋鳴

坊っちゃん 夏目漱石

新規
パラレルワールド・ラブストーリー 東野圭吾
パラレルと書いてあるように、そのパラレルにやられてる感。
そして、やっぱそういう世界って不思議となんであろうと面白いですね。
どっちが本当なのか、そういうドキドキ感というかトキメキ感でしょうかね?


ストック
Beginning Story Magica Quartet
詩学 アリストテレース (文庫)
パラレルワールド・ラブストーリー 東野圭吾
学生街の殺人 東野圭吾
プラチナデータ 東野圭吾
悲痛伝、悲惨伝 西尾維新
神様のメモ帳3、4,5、6、7、8 杉井光
楽聖少女3、4  杉井光
インフィニット・ストラトス2、3,4 弓弦イズル
ロミオとジュリエット ウィリアム・シェークスピア
スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ