[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 戦姫絶唱シンフォギアG 第13話(最終回)というか、シンフォギアGの感想
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2013.09.28
遥か彼方、星が音楽となった…かの日


原作者の上松範康さん、金子彰史さん
監督の伊藤達文さん、小野勝巳さん
そして、制作に携わった全てのスタッフさん。
素晴らしい作品をありがとうございました。

今まで見てきて良かった。
生きててよかったと、素直に言える作品でした。

終わってしまうのは大変悲しいですが、それ以上に達成感のようなものを得ることができました。


さて、末尾に全体の感想を書くとして、
ひとまず、13話だけの感想を書きたいと思います。

これですよね!
最終話といえば、OPなし!
これ基本とか、思っちゃう私が……(ぁ

さて、序盤で、


響が装者だと、ばれましたが、これって実は昔やっていた人たちは後悔するシーンかもしれませんね。
人知れず、ノイズを倒してきたりしていたのは、迫害していた響であったと。



OTONAの力は偉大。
私も鍛えて、映画見ればできますかね……?
でも、宇宙空間に出つつある状況で穴とか、ちょっと危ない気がしました。



響はもうほんとイケメンというか、主人公ですよね。
今まで色んな作品を見てきましたが、響以上に何だか頼れる主人公に成長したキャラクターは
あまり見ないなぁと思います。


ネフィリムたそ。

可愛い(震え声
前は暴走状態の響にやられちゃっていましたが、今回はフロンティアという核があるので、つ、強い(困惑




セレナの最後の想い(知ってた!
くること知ってましたよ! むしろ、こなかったらマリアはたやマのままでした!
きてくれてありがとう、妹さん。
『生まれたままの感情を隠さないで』
[vitalization]の歌詞なんですよね、セレナの台詞。
奥深いとともに、鳥肌の瞬間です。



これって、セレナの姿は世界では見えないんでしょうね。
悲しくて優しい旋律に、人々は共鳴したんでしょう。
12話では、聞けよ、お前ら!なので、何言ってんだこいつ的な……。
言ってみれば、一話の『Dark Oblivion』に近いかもしれませんね。



ナスターシャお母様。
それはもう車椅子ではないのでは……。



BGMが卑怯……、涙ぐみました。
ピアノの旋律に勝てない。



援軍そして……



マリアの決意!
『だけど、歌があるッ!』
もう、本当のマリアって言葉はおかしいですが、想いを強くもった瞬間ですね。
(でも、あなたギア纏わないでどうやってそこに?
とか思いました。
ギアの力が開放されつつあると認識すれば、疑問は解消できそうです。



適合者になっても、響の特性が変わらなかったのは良かったです。
これで、ただの適合者だったら嫌でしたが、それでこそ響だと実感できた瞬間です。



約束された勝利への、アガートラーム!

『六人じゃない、私が束ねるこの歌は70億の絶唱っ!!』


みんなの力で、XDモードになるのは『アークインパルス』ですね!
前回も歌の力、今回は世界の人々の想いと願いが詰まった力。



本家、影縫い。
設定をここで持ってくるとはッ!



ウェル博士、最後のあがき。
ネフィリムを完全暴走状態モードにしました。
英雄とは一体なんだったのだろうか……。
彼こそ、本当に偽善者ですね。



守りたくない、この笑顔。
歪んだ思考がようやく止まると考えれば、この笑顔も許せるかもしれない。
でも、未来にやったことや、無関係の人を殺害した罪は決して消えません。



『お前を……世界を滅ぼした悪魔にも、理想に準じた英雄にもさせはしない。
 どこにでもいるただの人間として裁いてやるッ!』
言葉が深い。OTONAだからこそ、いえる台詞。
人として、裁く。
殺さないのが、OTONAですよね。

ある種考えてみれば、ウェル博士はただ英雄になりたかった子供だったのかもしれません。
響たちがルナアタックによって、英雄になったことにより憧れの純粋だった気持ち。
それがソロモンの杖や、ネフィリムによって歪んでいったのかもしれませんね。
そういう意味じゃ、被害者なのかもしれませんね。
英雄に憧れたゆえのあやまち。



このアニメで一番驚いた瞬間である。
えっ、何その変態的、変化!?
絶唱で既に、ロボット化していました……予想はできないわけじゃなかったですが……。
ここまでの変形は思ってもいなかった。



フロンティアの聖遺物のエネルギーを吸収する力をえたネフィリムたん。
設定とすれば、神獣鏡よりも凶悪ですね。
ほんとうの意味で、戦えない相手です。
一期のフィーネ以上に、能力的には厄介ですね。
対処法がない。



『人を殺すだけじゃないって、やってみせろッ! ソロモンッ!』
この台詞だけで泣けます。
今までのクリスの罪や、懺悔がここでようやく実を結ぶ瞬間。
ソロモンの杖……、お前も本当は人殺しなんかしたくなかったんだろうなと、
ちょっとここでも涙ぐみました。



『英雄でない私に世界なんて守れりゃしない。でも私たち……私たちは、一人じゃないんだ』
WAみたいな台詞ですね!
みんな一緒なら、なんとかできるって意味ですね。
マリアに一人で背負い込まないで、みんなでどうにかしようという言葉。
これも言葉が深い。
そして、この後の前奏は……!



『星が音楽となって……』



適合者となったために、アームドギアがようやく使えるようになったと解釈するシーン。
人によっては、アームドギアを手にしてほしくなかったと思うシーンかもしれません。
ですが、手を繋ぐ特性は残っていますのでセレナに近い状態なのでしょうかね。


脱出する前に、立ちはだかるネフィリムたそ。


OPの伏線がここにきて!


マリアと、響、そして全員の想いが重なった!
繋がる力ッ!




『もう響が……、誰もが戦わなくていいような……世界にっ!!』

個人的にも、きっと視聴者的にもこれは良かったと思えるシーンですね。
ソロモンの杖は、この世にあってはいけないものです。
未来も仲間、すっごく鳥肌たちました。
というのは、ネフィリムは攻撃すれば、能力を吸収されるわけでその反動で、
結果的に響たちは動けなくなってしまうわけで、ソロモンの杖を手にする力も残されていなかったのです。
そこで、親友の登場。
熱い展開です。
歌も最高潮のところでした!


セレナのペンダントは砕けちゃいましたね。
劇中でも散々言っていた通り奇跡の力だったんですね。
生涯一度限りの発動。



『ありがとう、お母さん』って言っているってことは、本当の親子だったってことですかね?
ナスターシャ・カデンツァヴナ・イヴ?



『ガングニールは君にこそ相応しい』
奏のもかっこいいですけど、確かに響こそが相応しいと、一期から見てた人は思いますね。



バラルの呪詛はまだ、終わっていない。
続編がでるか、否か。



『だって、この世界には歌があるんですよッ!』
これが全てを物語っている感じですね。
続編があろうとなかろうと、歌が全てを救ってくれる。
歌のアニメだと、再認識。


EDはあの曲! 逆光のフリューゲル虹色のフリューゲル!
明るい後日談。



『でもね。胸のガングニールはなくなったけれど……奏さんから託された歌は絶対なくしたりしないよ』
ウルトラマンティガの、『もう変身できないね』というシーンが一瞬頭を過ぎりました。
全然関係ないんですけどもね……。



完結。

シンフォギアG、これにて終幕です!

さて、全体の感想に移ります。

一期、二期を通して、シンフォギアがやっと終わったという感じが、見終わった後の感想です。
熱い物語でした。ただ熱い……。

響、翼、クリス。
三人の物語がようやく終わったといってもいい形です!
全ての元凶であるソロモンの杖も消滅!
鳥肌が一杯で、本当に良かったです!

響がどうなってしまうのか……、未来大丈夫なのか!?
クリスちゃんどうして!

と1話から10話まですっごい盛り上がりでした。
10話がメインと言ってもいいぐらいの盛り上がりよう……。

そのおかげもあって、11話はあくまでも間の話。
そして12話は正直『うーん』と思っていましたが、
最終話でがくんと評価が上がりましたね。
ラスボスがしょぼかった(ウェル博士)というのもありますが、
盛り上げ方はさすがシンフォギアでした!

ただまぁ、12、13話はオマージュ部分がちょっとやり過ぎかなぁとちょっぴり思います。
主題歌を技名にするのはいいんですが、二回目はちょっとくどいなぁと……。

12話はまさにそんな感じで、OPがEDに、EDがOPになっていたわけですが、
ここは、別にそこをオマージュするのではなく、
「撃槍・ガングニールだあああああああああああああ!」
と叫んでることもあり、一期の歌を流して欲しかったですね。
撃槍・ガングニール、もしくは私ト云ウ 音響キ ソノ先ニ。
まぁ、ここらへんは正直なところ趣味でしょうけども。

1話から、10話まですっごい引きが強くどうなってしまうのかとおもいきや……、
11話、12話でちょっと盛り下がったところを一気に13話で持ち上げる!
(当然良いシーンは一杯ありましたよ! 悪くはないです!
落としてあげる、まさにそんなかんじでしたね。
実際、1話からも落としてはあげて、落としてはあげてを繰り返していました!

言ってみれば、実は踊らされていたのは視聴者(私)だったのか!
してやられた!
そういうことじゃないんでしょうかね!

そしてそして……! セレナのペンダントがここにきて、ようやく!
そのフラグはよく回収してくれました。

だからこそ、下記のようなSSを書いたものです。
【シンフォギアSS】変わる一つのセカイ
【シンフォギアSS】カエル一つのセカイ

見終わって、思ったことは
結局、響が装者だと世界に知れ渡ったので、日本が隠していたこともありどうなったのかと。
あとあの最後の戦いの映像も世界に公開されつ続けていた(バビロニアの宝物庫は除く)のか。

そして、マムは本当に死んでしまったのか。
↑最後は死んだ扱いにされていましたが、病気のこともあり、亡くなった可能性は高いのは事実。

最後にマリア、調、切歌はどういう扱いを受けたのか。
↑少なくとも、世界を救おうとしたけど、ウェル博士と違うから、更生させる施設などに移送、取り調べですかね。

結構、一期に比べて不明要素が増えましたね。

繰り返しになりますが、

原作者の上松範康さん、金子彰史さん
監督の伊藤達文さん、小野勝巳さん
そして、制作に携わった全てのスタッフさん。
素晴らしい作品をありがとうございました。

今まで見てきて良かった。
生きててよかったと、素直に言える作品でした。

終わってしまうのは大変悲しいですが、それ以上に達成感のようなものを得ることができました。
スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック

最後は小手先ではなく勢いで突っ走る。 やはりシンフォギアはそうでなくては! という最終回でしたね。 わりとあっさり復活したマリアはともかく…… というか、最終回はラスボスとの戦闘になるんだから、 マリアの復活は前回でもよかっただろ! とか言いたけど、それ以降は 「始まりの歌」の大合唱プラス70億人XDモードでのネフィルム成体完全撃破。 ついで「Vitalization...
感想記 at 2013.09.28 18:14

シンフォギアの第2期も、いよいよ最終回です!マリアとの戦いで、ガングニールの力を奪い取った響は、再びまたシンフォギアをまとうことになったのでした。そんな響を見て
日々の記録 at 2013.09.28 17:17

熱き想い、天を貫け!
アニメガネ at 2013.09.28 05:55

戦姫絶唱シンフォギアG(第2期) 第1話 ~  第13話 遥か彼方、星が音楽となった…かの日 立花響は、天羽奏と風鳴翼による人気ボーカルユニット「ツヴァイウィング」のライブを楽しんでいた。だがその最中、人を飲み込み炭素に変えてしまう認定特異災害ノイズが発生し、観客たちを次々と襲い始める。大混乱となった会場で響が見たものは、歌を口ずさみ、プロテクターに身を包んでノイズ達と戦うツヴァイウィ...
動画共有アニメニュース at 2013.09.28 04:43
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ