[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | う。
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2013.09.15
最近泣きすぎやろ!
歳のせいかというのでしょうか、なんだろうなぁ。
 
以下、いつもの

メロンブックスDLにて、コミケ新刊および、既刊の方を電子書籍にて販売開始しました。

また、DLsite.comさんでも電子書籍販売を始めました。

委託書店や、イベント時の半額程度の価格となっていますのでこの機会に良ければどうぞ!

新刊の委託もはじまりました。
とらのあなにて。




今週読んだ本。
サイコパス 下 深見真
佐々山がなぜ生きたまま標本化されたのか、
やっとその謎がわかりました。
アニメでは言っていたような、言ってなかったような。
はっきり覚えてません。
佐々山の死によって、バックドアが仕掛けられ、
槙島の関係者たちは生きながらえてきたのでしょう。

狡噛があの時……仮に撃てていれば、犠牲者はもっと少なかったかもしれない。でも、槙島は捕まらなかったかもしれない。
結果的に、佐々山を撃てなかったせいで、仲間を三人も失いました。
かがりくん、とっつあん、佐々山。
あとはヘルメット被った人や、街の人。

しかしながら、朱が現れてくれたおかげでようやく槙島を追い詰めることもできました。
「そのための3年間だった」
言葉が重い。
引き金を絞らないわけにはいかなかいですね。
そのために、生きていたというくらいの執念。
槙島の予想を超える成長をした朱。
槙島と狡噛、二人がこうなる運命だったとしても、
その道に辿り着くために、朱が絶対的に必要だったのも事実。
止められない現実はつらいですが。

槙島は狡噛の性格を理解した上での、最後の台詞だったのかもしれません。『狩る、狩られる』執行官を超えた犬。
そのことを本質では楽しんでいる、そんな感じですかね。
やっと、見つけた楽しめること。
もしくは孤独な仲間を見つけた……ですか。

朱にとっての怪物は、信じていた『シヴュラシステム』
それは信じるに値しないものだった。
システムだと思ったら、元は悪人の脳の塊ですからね。

人間の脳以上に、高度なコンピュータはないとかなんとか。
それが数百との接続されているともなれば、確かにあの世界での犯罪係数演算や、色素、未来設計などが見えるのかもしれない。

信じきっていたからこそ、それを今更なかったことにはできない。
でも、いつか不要な時代がくる(止めにくる
シビュラシステムがない世界。
即ち昔と同じに戻らないといけないという皮肉なのですかね。
完全犯罪はあっても、完全犯罪予防はできないと。

実際、シビュラシステムが公表されればまともな精神を保てなくなりそうですね。今まで、機械によって自由を奪われていた(少なくともその人にとっては幸せかもしれない)ものは、実は人間が決めていたなどなど、色々なことが過ぎりそうです。

外伝の時も書きましたが、
狡噛と朱は同じ境遇であり、対比だったんだなと。
監視官と、執行官の複雑な関係。
執行官を撃てなかった狡噛、執行官を撃った朱。
それによって、二人の運命は大きく変わったとも見えます。
佐々山を失った狡噛の心、舩原を失った朱の心。
復讐者と、変革者。
人として、殺さなければいけない。人として、殺してはいけない。
色々な比較があるように見えます。

アニメは二期、劇場版が決定しているようですが、
実は小説でも、似たような台詞(意味深)があるのですね。

最後に、
六合塚が、朱のことをそんなふうに思っているとは、思いもしませんでした(笑)。
あのアニメとは違うシーンはちょっと、「お、おぉ?」と声が出そうでした。

あと外伝に出ていた神月が脱走していた執行官だとは知りもしませんでした。


サイコパス0/ゼロ 名前のない怪物 高羽彩 
麻雀でのやりとり、一見すると誰か何を言っているのかわかりづらい場面でしたが、『牌をきって言葉をまわす』という解釈が面白い。
これで誰が言っているか理解できます。
そんな演出は「あ」「い」「う」「え」だけで、
こういう会話シーンの作り方も、
使い方もあるんだと関心しました。

それと読み進めれば、読み進めれるほど、
狡噛と朱は同じ境遇だったんだなと。
監視官と、執行官の複雑な関係。
執行官を撃てなかった狡噛、執行官を撃った朱。
それによって、二人の運命は大きく変わったとも見えます。
比較対象ですね。
佐々山を失った狡噛の心、舩原を失った朱の心。
復讐者と、変革者。
色々な比較があるように見えます。

そういった意味でいえば、
狡噛さんはただ真面目過ぎたということなのでしょうか。
逆に考えれば、PSYCHOPATHは朱ちゃんが成長していく物語だったんだなと、再認識出来ました。

ただ狡噛は撃てなかった自分が、本当は一番許せないのかもしれませんね。
結果的に、佐々山を撃てなかったせいで、仲間を三人も失いました。
かがりくん、とっつあん、佐々山。
だからこそ、引き金を絞らないわけにはいかなかった。


標本事件。
なまえのないかいぶつは、何を表しているのか怖いものですね。
それは、殺意なのか、シビュラシステムなのか、自分自身……はたまた別の何かなのか。

継続
緋弾のアリア15 赤松中学
裏切りものフラグとかやめてくだしあ。
でも、確かに動きが早いのは事実。
真ん中ぐらいまでしか見ていないですが、実はジャンヌだったりするのかなぁとか。
単位うんぬんのとこらへんが……。

新規
織田信奈の野望10 春日みかげ



ストック
Beginning Story Magica Quartet
詩学 アリストテレース (文庫)
東野圭吾
パラレルワールド・ラブストーリー
学生街の殺人
プラチナデータ
悲痛伝 西尾維新
神様のメモ帳3、4,5、6、7、8 杉井光
楽聖少女3  杉井光
インフィニット・ストラトス2、3,4 
スポンサーサイト

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ