[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 11話でのシンフォギアGの感想ごと
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2013.09.14
Edge Works of Goddess ZABABA

この挿入歌を聞いて、やっぱりプロは凄いなと素直に思いました。
この曲は、映像特典でしょうかね。

感想はネタバレを含むので、

下記にまとめました。


一言感想言えば、そろそろアガートラームが抜けるんじゃないかと思う11話でした。

ただ、なんていうのかガングニール消失ってのは、ちょっと気に入らないというか、
納得があまりいかない消失の仕方でした。
ご都合主義といったら、全ておしまいなんですが、
そのための神獣鏡だったのかなぁと思うと、残念。

とはいえ、完全に消失したと断言できないのが、シンフォギア!
最後まで、その結果はわかりません。

ガングニールが完全に溶け合ったという可能性もあります。
完全聖遺物に近いものになったということもあります。

さて神獣鏡のギアが放つ輝きには、聖遺物に由来する力を分解し、無力化する効果があり、
ガングニールのかけらが除去されたらしいです。
確かにレントゲン写真?は綺麗になっています。

分解とは、
一つに結合しているものを、要素や部分に分けること。また、分かれること。

無力化とは、
影響力がない状態にすること

了子さんがいれば、また詳しいことがわかったかもしれませんが、
あくまでも現段階での除去確認です。

響の状態を聞いた時に、未来が、
「でも、それって……」
と俯きますが、それが何を意味しているのかよくわかりません。
もう戦わなくて良かったと思ったのか、もう誰かを救えなくなった響などの
複雑な想いからでしょうか。

何にしても、一応これで変身できなくなった(はず)響。

そしてクリスちゃんは敵に案の定寝返りましたね。
そこは誰もが予想通り。
ただ、今回絶唱がなかったことと、ウェル博士を殺さないことにより何か理由があるようですね。
月を破壊する、ソロモンの杖を破壊することでしょうが、
完全聖遺物じゃないと、破壊は確か無理だった気がするので、
フロンティアにネフィリムが吸収されたところをみると、
ソロモンの杖も吸収されちゃうんじゃないかと思いました。
全てを背負い込む、その行動は未だ不明。

「手に入れたぞ、蹂躙する力を……」
「これで、ボクも英雄になれる! このラストアークショーのヒーローだ!」

「英雄」のいない時代・・・ そう言ったな
違う、違うんだよ・・・ 「いない」のではなく、「いらない」んだ
「英雄」なんていらないッ!!!





ルナアタックの英雄よ! と言っていた話もありますし……。
アガートラームが登場する気配がぷんぷん。

オープニングから察すると、
白と黒のガングニールが交わっていることもあり、
響のガングニールが進化するのかな?
そうすると、槍を手にしそうで、
「他者と手を繋ぎ合う」特性をなくしそうですね。

そうなると、セレナのペンダントでしょうか?
壊れたペンダントと、身体の中に消失したガングニールの粒たち。
それが掛け合わさって、本物となる……みたいな。

エネルギーベクトルの操作がセレナの持つ絶唱特性であり、
響とは非常に似通った特性とカテゴライズされる。


相性は良い。



このピンク色はフィーネの力の影響ですかね(フィーネの意志があるのは後に確定
そこから察すると、まだ響の身体にガングニールがあるのを調が感じているのか、
もしくは、ただ単に人の温もりを感じたことを示唆するだけなのか。
今はまだ不明ですね。


「"相変わらずなのね”」
「甘いのはわかっている性分だ。ん……?」

ザババの武器は翠刃のイガリマと紅刃のシュルシャガナという二対の刃。
それと同じようにフィーネの魂もまた、二人に分かれていたということでしょうか。



自分を偽って動いているんじゃない。
それは自分に対しての言葉と、切歌に対しての言葉でしょうかね。

偽っている切歌、偽っていない響。

そして始まる戦い。
『Edge Works of Goddess ZABABA』へと二人の歌が変わり、戦いが始まりました。
もしかしたら、と思っていましたが、鳥肌ですね。
これを考えて、曲を作っていたのだと思うと、凄いと感じました。






そして、この時BGMの一旦の停止。
良い演出です!



「胸の歌を信じなさい」

これでフィーネの意志を調が持っていることの確証がされました。
ですが、切歌はどうなんでしょうかね?
次回以降で判明すると思いますが……。

無言で戦い合う翼と、クリス。
ちょっとしたホラーです。
こうでしか、語り合えない系女子というやつですか?



響が走る先に待っているのは……。

と12話に続きます。

12話といえば、一期では伝説になりましたね。



今後の展開ですが、まぁウェル博士がネフィリム化(フロンティアの力を得て)するでしょうね。
それに対抗するのが、王道ですが……。

セレナのペンダントですが、やはりマリアが使う気がしますね。
「あなたの歌が必要です」 ← ダメでしたー。
響がくる。
セレナの声(想い)が聞こえる。
ガングニールが再び、響の元へ。
が妥当な推測ですが、どうなることやら。

スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック

第11話 ディスティニーアーク 公式サイトから見えない明日に踏み出せるのは、ここで出逢った意味があるから。さよならという言葉はきっと、終わり告げるためじゃない。別れの痛みよ...
ぬる~くまったりと at 2013.09.14 21:31

守り、失い、救われた。
アニメガネ at 2013.09.14 19:51

裏切りの証拠だったはずの翼をなんで帰してんの。 それじゃあからさまに裏切ってるのは嘘ですよ、と言ってるみたいじゃん。 ということで前回の引きが有耶無耶のうちにクリスは博...
真実悪路 at 2013.09.14 18:51

クリスの放った銃弾に倒れる翼。 捕まった調は当然、シュルシャガナのペンダントを取り上げた上での拘束。 しかし、全く抵抗する様子はなく、みんなを止めてくれ、助けてと願い ...
ゲーム漬け at 2013.09.14 18:09

ああああああ、あまりもマリアさんの扱いが不憫ですよ。 ダメダメですよ、マリアさん(滝涙) 人間慣れないことをするもんじゃないといういい教訓ですが、それにしても情けない。 ...
感想記 at 2013.09.14 17:05
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ