[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 梅雨ってなんですか。
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2013.07.02
死んでいたわけじゃないですが、死んでいました。
7月になりましたし、再起動をはかりたいですね。

グーグルリーダーさんがおなくなりになりましたね。
私は、feedlyにしようかと思います。
が、グーグルリーダーさんが使いやすかったのでなんか使いづらい。
な、慣れれば関係ないし! せやろ?

以下、いつもの

メロンブックスDLにて、コミケ新刊および、既刊の方を電子書籍にて販売開始しました。

また、DLsite.comさんでも電子書籍販売を始めました。

委託書店や、イベント時の半額程度の価格となっていますのでこの機会に良ければどうぞ!

新刊の委託もはじまりました。
とらのあなにて。




今週読んだ本。
毎日30分以上 読書をする期間継続中。
今更ですが、ネタバレ含みますのでご了承お願いします。
だいたい、これを毎日続けると大体1ヶ月5冊ぐらい読めます。
少ない時間でも本は読めるということを知った此の頃。
その結果、漫画より小説の方を読むようになりました。
活字大事ですね。

美しき凶器 東野圭吾
感想を一言で述べるなら、女性は怖い。関わりたくない。 ですね。

ミステリーというか、サスペンスというかSFに近い設定でしたね。
舞台設定はありえないようで、ないとも言い切れない。
超設定という方も中にはいるようですが、そんなこといったらありふれたものが増える要因にもなるんじゃないかと思われます。
なので、これはこれでありかと。

さて、このお話はいわゆる証拠隠滅のために動いたグループがいるわけですが、その際にその証拠を持っている博士を誤って殺してしまいます。
それが恐怖の始まり。
博士が育てたスーパー戦士(スポーツ選手)が復讐を始めます。
まさに人殺しをするマシーンのように次々と目的地にたどり着くために進んでくるわけですが、
このお話は、刑事シーン、殺人鬼シーン、証拠隠滅グループと3つの軸で進んでいきますが、物語の最後で語られる言葉がなるほどなぁと思いました。
確かに誰が、何をしたという表記はありませんでした。
ここがうまいところだなぁと思います。
普通であれば、この人がやったという固定概念によって支配されるからです。
そこがどこかなのかはぜひ読んで堪能して頂きたいところ。

さて、美しき凶器というタイトルですが
これが何を指しているのか考えるのが楽しいですね。
ある種のネタバレが既にあるようにも思えますね。
それぐらい、奥が深い。

継続


新規
境界線上のホライゾンⅢ 下 川上稔
いよいよ、マグデブルクの戦いがはじまったところらへん。
痛みを感じないけど、耳から入る奇怪音というか身体が音を出すというか。

織田信奈の野望6
ツンなどない。
というプロローグ部分。
若干どうやって前の巻終わったんだっけぇと……。

ストック
Beginning Story Magica Quartet
詩学 アリストテレース (文庫)
東野圭吾
パラレルワールド・ラブストーリー
学生街の殺人
プラチナデータ
悲痛伝 西尾維新
織田信奈の野望7、8 春日みかげ
神様のメモ帳3、4,5、6、7、8 杉井光
楽聖少女3  杉井光
インフィニット・ストラトス2
スポンサーサイト

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ