[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 梅雨ですね
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2013.06.17
腰が痛い(歳ですか、違いますね

以下、いつもの

メロンブックスDLにて、コミケ新刊および、既刊の方を電子書籍にて販売開始しました。

また、DLsite.comさんでも電子書籍販売を始めました。

委託書店や、イベント時の半額程度の価格となっていますのでこの機会に良ければどうぞ!

新刊の委託もはじまりました。
とらのあなにて。




今週読んだ本。
毎日30分以上 読書をする期間継続中。
今更ですが、ネタバレ含みますのでご了承お願いします。
だいたい、これを毎日続けると大体1ヶ月5冊ぐらい読めます。
少ない時間でも本は読めるということを知った此の頃。
その結果、漫画より小説の方を読むようになりました。
活字大事ですね。

容疑者Xの献身 東野圭吾
ようやく、東野作品に戻ってきましたが面白いですね。
人間ドラマという感じですが、引きこまれていきます。
とはいえ、現実でこういうことがありそうで怖い(プロローグ部分
知らなかったんですが、これガリレオシリーズ何ですね。
そもそも、ガリレオシリーズが東野圭吾という事実も最近知ったんですが(ぁ
ガリレオシリーズというとやっぱり最後には逮捕されちゃうのかぁと、
思っていましたがタイトルが深いですね。
これが愛であり、献身なのかぁと思わず関心。

感想を言うなら、
推理小説、ミステリーというよりかは、人間ドラマですね。
なぜ、あそこを歩いていて描写していたのか。
確かに一人いなくなってたなぁと、あとになってぶるりと。
そういう仕組みを私もいずれ書きたいなぁ……(願望

この物語の最大のトリックは殺人のために、殺人。

確かにカモフラージュとしては、完璧ですね。
Aを調べるために、Bを調べていたんじゃ解決しませんし……。
とはいえ、そのために実行できるかといえば普通はできませんし、
それがまさに献身何でしょうね。
だからこその、最後の魂の叫びが胸に痛みとしてきます。
罪を償い終わった二人は今度こそ幸せになってほしいと思います。

娘は子供だからというのもありますが、自首しなくても、
心がどちらにせよ持たなかったんでしょうね。
自分たちだけが幸せになって、おじさんだけが不幸になる。
実際おじさんは犯人ですので、仕方ないですが子供は知りませんし、
どうして……。
という言葉が永遠にリフレインすることになるでしょう。

何にしても、
「そこまでするかー!」
というのが、読み終わった人が必ず思うことでしょう。

境界線上のホライゾンⅢ 中 川上稔
銀娘の両親の赤裸々な話がメイン。
に見えなくもなかったですが、人と人の繋がりってすごいなぁと(伏線)
そういう点と点を結びつけているところに痺れましたね。
銀娘父と、アンヌの部分ですね。
それと、ODAのメンツの強さというのが圧倒的で……、主人公たちは強くなっていけるのかなぁ。
今回の巻は、銀娘がほぼメインっぽいので、そういう強化されるようなフラグがありましたし、
これからの話がわくてかですね。
なんだかんだいって、トーリは主人公しているなぁと。

思ったことは唯一つ、神格武装強すぎじゃね?
(限定条件があるにしても……、宗茂砲(これは大罪武装です)は帰ってください)

継続


新規
境界線上のホライゾンⅢ 下 川上稔

美しき凶器 東野圭吾

ストック
Beginning Story Magica Quartet
詩学 アリストテレース (文庫)
東野圭吾
パラレルワールド・ラブストーリー
学生街の殺人
プラチナデータ
悲痛伝 西尾維新
織田信奈の野望6、7、8 春日みかげ
神様のメモ帳3、4,5、6、7、8 杉井光
楽聖少女3  杉井光
インフィニット・ストラトス2
スポンサーサイト

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ