[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | とくにいじょうはない
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2013.05.19
いじょうはない。

以下、いつもの

メロンブックスDLにて、コミケ新刊および、既刊の方を電子書籍にて販売開始しました。

また、DLsite.comさんでも電子書籍販売を始めました。

委託書店や、イベント時の半額程度の価格となっていますのでこの機会に良ければどうぞ!

新刊の委託もはじまりました。
とらのあなにて。




今週読んだ本。
毎日30分以上 読書をする期間継続中。
今更ですが、ネタバレ含みますのでご了承お願いします。
だいたい、これを毎日続けると大体1ヶ月5冊ぐらい読めます。
少ない時間でも本は読めるということを知った此の頃。
その結果、漫画より小説の方を読むようになりました。
活字大事ですね。

デート・ア・ライブ 橘公司
アニメとほぼ同じですねぇ。
ただ、まぁ途中グダった部分が見受けられたのが、省略されてたのが良。
ちゃんとアニメは考えられて作られてるなぁと思いました。

とはいえ、この作品は盛り上がりが今ひとつかけているような気がします。
普通すぎるっていうのでしょうか?
設定はいいと思います。

恋愛ゲームのような選択肢の要素、デートによる戦争の根絶(何か違う

戦闘はいまいち、恋愛も物足りない。
これが読み終わった後の感想です。
撃たれて、よみがえるのありきたりは別に好きなので構いませんが
あまりにも精霊が強すぎるし、そもそも戦闘がある必要がほとんどない。
というのは、主人公が戦わないし(でぇとによる戦闘といえば、戦闘ですが)
そのため、おそらく今後は精霊が精霊を相手にしていく方向に進んでいく(のだと思います
とは思うのですが、そうすると戦闘メインの方が私は好きですね(私は
超設定の世界、そして能力。
戦わせずになんとするというか、勿体無い。

恋愛としても、今ひとつですね。
一度失敗させるか、何かあったほうが盛り上がったような?
私が感じた盛り上がりは、主人公が撃たれて死ぬところです。
それ以外は普通に思えました。
というのも、うまく行きすぎて面白みにかけるような?
絶望と希望の落差というのでしょうか。
あれですかね、成長ものではないとは思いますが平行線のまま印象。
あぁ、苦戦ってのがわかりにくいってのがあるの……かな?
主人公が精霊の力を封印して、使えるようにみたないことがとある場所に書いてありましたが、
そうすると、本当に戦って説得する物語になっちゃうんじゃないかなぁと。

何にしても、機会があれば続きを買うかもしれません。



継続
境界線上のホライゾンⅢ 中 川上稔
会議による会議。
お互いのメリットデメリットを作り出すというのは、結構頭使いますね。
よく設定ができているなぁと、また感動。



織田信奈の野望外伝 邪気眼竜政宗 春日みかげ
伊達政宗の歴史ってのを殆ど知らないのですが、説明の部分でへえとか。
なんていうか、序盤は解説が多くて物語じゃなかったのがたまにキズというのでしょうか。
一人で旅にでてからは、物語らしくなりましたけども。

新規



ストック
Beginning Story Magica Quartet
詩学 アリストテレース (文庫)

東野圭吾
美しき凶器
パラレルワールド・ラブストーリー
学生街の殺人
容疑者Xの献身
プラチナデータ
悲痛伝 西尾維新
境界線上のホライゾンⅢ 中 下
織田信奈の野望6、7、8 春日みかげ
神様のメモ帳3、4,5、6、7、8 杉井光
楽聖少女3  杉井光
スポンサーサイト

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ