[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 気がつけば、2月
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.10
佳奈多ちゃんは相変わらず、可愛い娘でした。
BGMが流れるだけで、鳥肌ですね。
物語とか見なくても、なんか泣きそうになる(主に懐かしすぎて
残りの話数的に見て、クドルート、鈴ルートで終わり……?
まさかリフレインをやらずに、終わることはないと思うけども……?
どうなんでしょうかね。
JCといえば、結構改変したりするところですので可能性はあるかも。

時が経過したといえば、ダ・カーポが発売された当時とか思い出すとあれですね。
さくらは幼女からおばあさんになり、ゴースト化(ナゾ)になってるので
あれ、僕らの歳はいつのまにかかなり追いぬかれたなぁと。

最近、ブログ書くことがまた不定期になってきたのでここらで戻したいところですね。
個人的には本を読む習慣ももうちょっとなんとかしたいなぁ。
色々と放っておくことが多くなった気がします。
やらなきゃやらないだけただ時間が過ぎていきますし、なんとかしたいですね。
ただでさえ、やりたいこと多いのに何もしなきゃ勿体ない!

以下、いつもの

メロンブックスDLにて、コミケ新刊および、既刊の方を電子書籍にて販売開始しました。

また、DLsite.comさんでも電子書籍販売を始めました。

委託書店や、イベント時の半額程度の価格となっていますのでこの機会に良ければどうぞ!

Die Hexenslieben ~アイノウタ~
合同誌の方もとらのあなの方で委託がはじまりました。
こちらの方もよろしければお願いします!





今週読んだ本。
毎日30分以上 読書をする期間継続中。
今更ですが、ネタバレ含みますのでご了承お願いします。
だいたい、これを毎日続けると大体1ヶ月5冊ぐらい読めます。
少ない時間でも本は読めるということを知った此の頃。
その結果、漫画より小説の方を読むようになりました。
活字大事ですね。


シゴフミ 雨宮諒
死者からの手紙――シゴフミ。
人の死に触れていく物語ですが、人を客観的に見る作品のようにも思えました。それを手紙によって、破壊するもしくは開放していく。

そういった意味では、手紙ってものは大事なのだなと思います。
人物観察というのが、大事なんだなとも思えました。
この方、手紙についてはもらったことはないですが、言葉の大切さを感じることが出来ました。たった一言だけでも重い。
そして、幸せは人それぞれ。
二話目のキャラクターが、三話目に絡み、なるほど確かに弱い人だったんだなと。そういった意味では、話のつながりがあって面白かったです。
また、大人と子供の違いみたいのも垣間見えて。

話の内容としては、過労死、事故死という一般的な死がきっかけに、ふみかとマヤマが手紙を渡すという展開。
当然ながら、お前誰だよと。仕方ないことですが、手紙が読まれるまでのドラマがなんとも人間らしいというのでしょうか。
不安と、恐れ、疑いといった様々な想いをはらんでいますね。

普段と違う見方をすると、いいのかなぁと思い次の巻へと。


楽聖少女2  杉井光
満たされないから、作品を作るんだ。
その一テーマが今回の巻ですか。
ユキがユキというゲーテになるための序章がやっと終わったとも言えます。
ベートーヴェンの熱情から始まり、熱情で終わる。いわゆる、失敗から失敗。そして失敗。
最後にはまさにベートーヴェンの熱情が届き、ピアノが完成する。そしてユキが答えにたどり着く。

この物語は、ナポレオンが最終的なボスになるのかと考えもしましたが、妹が悪魔ということもあり、最終的なものは悪魔になりそうだなぁと次が待ち遠しいですね。


ゲーテの作品が読みたくなりますね。時間があれば手に取りたい。



継続


新規
シゴフミ2 雨宮諒
まだ、最初の話の途中。
いわゆる、助けの手紙。
現実にこういうことが出来る何かがあれば、起こりそうな物語ですね。
特に火災や、エレベーターなどに閉じ込められてのこと。
まずは、死なないと全く意味がないので解決策としては、やはり物語中に限りますが。

やがて魔剱のアリスベルII 蒼穹の戦線
ついに主人公がキンジ化。
とはいっても、キンジは普通の服で弾丸掴んだり、回避したりしてますから
断然あっちのほうが強さがおかしいのでしょう。
そういった意味でいえば、まだ人間という戦いでしょうかね。
本来はセーブされてるはずの筋肉を全開にするわけですし。
そういった意味で言えば、これゾンの戦いはまさにそんなですね。
あれはゾンビなのでいくら壊れても関係ないということですし。
それが普通の人間の体でということなので、肉体的負担は凄いですね。

ストック
Beginning Story Magica Quartet
詩学 アリストテレース (文庫)
東野圭吾
美しき凶器
パラレルワールド・ラブストーリー
学生街の殺人
容疑者Xの献身

織田信奈の野望6、7、8 春日みかげ
そして誰もいなくなった アガサ・クリスティー
神様のメモ帳3、4,5、6、7、8 杉井光
スポンサーサイト

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。