[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 春はあけぼの
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.10
あと5年くらいしたら、AVアンプ新しいの欲しいなぁと思ったり。
そのころには、11.1chくらいが主流ですかね?
今、新しいやつだと一番高いので9.2chがやっとっぽいイメージ? ですけど。
値段もお手頃じゃないですし、もっと安くなるまで待つのも手ですね。
うちは今、7.1ch(+2)で稼働中。
9.1chに出来ないのに、二つおまけがあります。
映画見るときは、後ろのサイドスピーカーを使い、
PCやるときは、前にハイスピーカーを増やしている感じです。
後には、これらすべて制御できるアンプが出るんでしょうが。
まぁ、そもそも7.1ch対応の作品が少ないですが。
大体は、4.0 5.1chですね。

消費電力を下げようと、LEDにしようか迷いどころ。
切れてからでいいやと思うのですが、3ヶ月前ぐらいに変えたばかりなので
ほぼ、きれないでしょうねぇ。
一年くらいは持つんじゃないですかね?

最近、あまり予定通りに進まない。
全てがうまくいかなくて萎えますね。
自覚があるのに、できないのがまた面倒くさい。
他人も信用しづらい世の中ですし、なんとか自分の力でどうにかしたい。
とは思って出来ない。
なのでパターン化を増やそうと模索。
その中でも読書と、15分間即興小説だけはできてるので多少なりともマシかなと。
即興小説の方ですが、早速効果が出てる気がします。
すらすらと文章が書けるようになったような?(内容は別として)
なので、引き続き書いていこうとおもいます。
今月で長編の半分は書き終わらないとつらないなぁと思うのですが、
まだ、10分の1すら終わってないというかプロットすらまともにry
少しずつ毎日やらないとだめですね。
まずはファイルを開くことから。
これが大事な気がします。
結構ファイルを開けば、やるんですよね。不思議。
毎日開くことを心がけようと思います。




作業用BGMとしてよく聞くもの ↓





以下、いつもの

メロンブックスDLにて、コミケ新刊および、既刊の方を電子書籍にて販売開始しました。

また、DLsite.comさんでも電子書籍販売を始めました。

委託書店や、イベント時の半額程度の価格となっていますのでこの機会に良ければどうぞ!

Die Hexenslieben ~アイノウタ~
合同誌の方もとらのあなの方で委託がはじまりました。
こちらの方もよろしければお願いします!





今週読んだ本。
毎日30分以上 読書をする期間継続中。
今更ですが、ネタバレ含みますのでご了承お願いします。
だいたい、これを毎日続けると大体1ヶ月5冊ぐらい読めます。
少ない時間でも本は読めるということを知った此の頃。
その結果、漫画より小説の方を読むようになりました。
活字大事ですね。


境界線上のホライゾン2〈下〉―GENESISシリーズ  川上稔
1100P超えのライトノベルかぁと脳内会議。
読み終わるまで、3ヶ月ぐらいかかるなぁと思っていましたが、
以外に読み終わるのは早かったです。

アニメをみて、本をみて、アニメをみて、本をみて。
これらを繰り返していたら、時間がかかったような印象。
そういった意味でいえば、アルマダ海戦凄く好きになりました。
とはいっても、ちゃんとしたアルマダの海戦を知らないという……。
時間があるときに調べたいですね。
それとシェイクスピアの、リア王、マクベスも時間があれば読みたいですね。

戦闘シーンですが、個人的にもう少しボリュームが欲しいキャラクターがいたりいなかったり。
アルマダ海戦がメインということもあり、仕方ないのかなぁと。

長い文章であるのに、読みやすいなと思います。というのも文章自体の区切り、文字間隔がそれを制御している感じもあります。
それと●の使い方により、またシーンの制御が素晴らしい。
リズムと、読者の頭が理解できる文章、勉強になりました。

三期もあるといいですね。

ライトノベルって、挿絵があるかどうからしいですが
重量も実は関係しないですかね?
ヘビーノベルです。

ガールズ&パンツァー ひびき遊
アニメ版の1~6話までのものらしいです。
一人称ということで、沙織がわからないことはわからず進む形です。
たとえば、生徒会にみぽりんが呼ばれた理由や、車長を社長と感じたりと。
サンダースに無線傍受されるところなんかは、そういった意味でいえば
もう少し困惑する描写があってもよかったなという印象。
あっさり気がついて、あっさりと解決(はしていないか)
あとがきに書いてあるように、戦闘シーンはアニメで! と。
戦闘シーンはそういった意味でいえば、あっさり終わります。
とはいいましても、やはりガルパンの主人公(?)メインはみぽりんなので仕方がない気がします。
戦略を練る部分はほぼ彼女担当ですので、沙織が感じ取った部分と通信がメインな作品がこのライトノベルです。

それ以外の部分ですと、補完という形で省略されていたようなシーンが
詳しく書いてありと(あんこう踊りのシーンなど)
アニメ版が好きだった人も楽しめる部分があるかと思います。

ライトノベル特有のテンポのよさがあり、本を読み慣れていない人にとっては、読みやすいのではと感じました。

継続



新規
織田信奈の野望4 春日みかげ
いわゆる前巻の続き。
アニメ版とまた違いますね。
やはり細かいところはノベルのほうがきちんと書いてある印象。
アニメはアニメで好きですけども。

おおかみこどもの雨と雪 細田守
いつの間にか、見に行こうとして忘れていた作品。
今、リア充になったところです。
気になるところは、
おおかみ状態で襲われたってことですかね?
人間の状態に戻ったという描写が事後なので、
不明です。


ストック
Beginning Story Magica Quartet
詩学 アリストテレース (文庫)
東野圭吾
美しき凶器
パラレルワールド・ラブストーリー
学生街の殺人
容疑者Xの献身

織田信奈の野望5.6 春日みかげ
そして誰もいなくなった アガサ・クリスティー
神様のメモ帳3、4,5 杉井光
楽聖少女2  杉井光
スポンサーサイト

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。