[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 今年最後になるかもわからない日記
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2011.12.26
最近、月曜日更新が基本になってきた気がする。
悪くはないと思うけど、やっぱり金曜日に来年はしようかなとか思います。
おそらく、今年最後の日記になるかと思います。

今年の日記は、長くなるので続きの方にしました。


今週読んだ本。
毎日30分以上 読書をする期間継続中。

今更ですが、ネタバレ含みますのでご了承お願いします。


傷物語 西尾維新
化物語の内容をアニメで見たので、どういう結末になるのかある程度は
予測済みでしたが、そういう心境で忍として生かすことになったのかぁと
思います。
化物語以降の物語シリーズも来年あたりに手を付けたいですね。
バトルシーンは、阿良々木くんが強すぎるため一瞬で片が付いていました。
バトルシーンがみたいならば、刀語を読むといいと知り合いに言われました。
まぁ、化物語を見るかぎりではバトル主体の作品ではないですしね。
以外にページ数と文字数多いなぁと昔は思っていたのですが
スラスラと案外読み終えることが出来ました。
私もこういうスラスラと読んでもらえるものにしたいなぁと
読み返しながら、自分の作品を書く形ですぃ。

継続


緋弾のアリア 赤松中学 11巻
買っちゃったので、ストック構わず読み始めてしまいました。
武偵高という中での体育祭が開催されて……という形。
ライトノベルっぽいのでスラスラと読めていいと思ってたりします。

境界線上のホライゾン Ⅰ 上 川上稔
作品を読み始めると、よくこれをアニメ化できたなぁと思います。
あとは、映像の補完という形でどうして何何なのかが
知ることができますが。
設定が多いので読む場合は、勉強という目的を取らないと理解出来ないなぁと
感じました。


願いのカケラ 小説合同誌
鍵屋 FullMoon
発想が私好みでした。
それが第一の感想ですね。
救われたかのように見えて、救われずなおかつ落ちていく。
もう、この展開は大好物です。

謎のザコ ノルエル
ほむらの魔女化。
発想しなかったわけでないですが、これはまた別物でした。
人間として生きていくことを決めたまどかのある種の孤独な戦い。
孤独ではないのですけどもね。

akua イタミカンジツイタミ
カケタもの同士の求め合い。
やっぱり、カケタものは求めしまいたい衝動。

秋穂 あけぼの
新しい日の始まりといったところでしょうか。
こういうゆるゆるなのほほんとしてたのはなかなか私には
書けないのでいいなぁと思いました。


ストック

ロウきゅーぶ! 1巻
Fate zero  1巻
探偵倶楽部 東野圭吾
境界線上のホライゾン Ⅰ 下
魔法少女まどか☆マギカ The Beginning Story Magica Quartet
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 岩崎 夏海




今年はいろいろなことがありましたね。
何度も挫折した記憶が、まだ新しいですね。
『死んでいた』という表現が正しいですね。
なので、新しい生命が4月から再開されて……ということです。

再出発する際にあたって、良い講師に出会えたと。
お知えられたことが多々あります。
言われたことを実践するとなるほどなと!
やはり、意味があるものです。
なぜ、そのようなことを今まで生きていく中でしなかったんだろうなぁと
思ってしまいますが、それが若さというものなかもしれません。
人生もある意味で下り坂に入った20歳後半のスタート。
良い意味でリスタートをきれてよかったです。

まず、文章の書き方の基本について知りました ←今更。
私の文章は、リズムが非常に悪いので読みにくいという指摘、
そして、文章の並び順ともう一つの押しポイントを加える。
たったこれだけで、きちんと読めるものになると。
あとは、毎日どんどん書いていくことと指導されました。
やはり、インプットされるだけでなくアウトプットしなくてはならないものです。
やらないとやるでは意味が違うと。
確かにそう思います。

次に、本を読むことです。
バカな私はほとんど本なんてものを読むことはなかったです。
3年に1冊読んだぐらいのものです。
本を読まない奴が、本、企画をかけるなんてのは笑いものです。
まさにそうだったなぁと痛感したのが夏休み前。
それから、習慣付けるよう毎日少しずつ本を読んでいきました。
結果的に、本をスラスラ読めるようになりました。
技術を盗むという一点だけは、中々身に入ってはいませんが……。
ただ、なんとなく読ませていただいてる本のような感じで書いてるつもり ←つもり大事。
だったりします。
今後、もっと勉強していきます……。

今年読んだ本を軽くあげてみます

魔法少女まどか☆マギカ 一肇 小説 上下
傷物語 西尾維新
おジャ魔女どれみ16 栗山緑
ロング・グットバイ レイモンド・チャンドラー
変身 東野圭吾
分身 東野圭吾
どちらかが彼女を殺した 東野圭吾
11文字の殺人 東野圭吾
とある魔術の禁書目録(3) 鎌池 和馬
緋弾のアリア1~10 赤松中学
成熟という檻 『魔法少女まどか☆マギカ』論 山川賢一
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上) 岡田麿里
人類は衰退しました1 田中ロミオ
灼眼のシャナ1  高橋 弥七郎

だいたい24冊ということでしょうか?
1週間に1冊として、6ヶ月間一ヶ月に4冊ペースで読んでることになりますね。
最近はマンガよりも小説やライトノベルといった本を手に取ってるほうが多い気がします。
今後死ぬまで続けていきたいものですね。

という感じの一年でした。
一瞬で終った感じもします。
学業に再び戻ったわけですが、そこでも色々と問題というのは起きて
やはり、人生というのは楽なものじゃないと再認識。
でも、悪気がしなくなったのは良くなかったことなのかなと思います。

そういったことで、同人活動も再開したわけですが依然として人が多いところに行くと
激しい頭痛がするのは仕方ないのかなと……。
いずれ、そういう身体の痛みも消えていくと信じたい。
今後は、今年以上に参加したいですね。
新刊が出せるかはおいておいて……。
来年は、確か2,3,4月に連続的にまどマギのイベントがあった気がします。
絵師さんの関係上、3,4月以降のイベントとなるでしょう。
スポンサーサイト
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この記事へのトラックバックURL

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック
この記事へのコメント


管理者にだけ表示を許可する
 




他ブログ情報

ブログパーツ