[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 2017年05月
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2017.05.18
https://gyazo.com/0434ead995c53740877438f1060acbfb

2002年公開のアメリカ映画。
日本のゲームメーカーであるカプコンのゲームソフト『バイオハザード』を原案とした、サバイバルアクションホラー映画である。
日本では、アミューズピクチャーズ配給で、2002年8月31日に松竹系で公開された。
続編として『バイオハザードII アポカリプス』(2004年。以降、『II』)、『バイオハザードIII』(2007年。
以降、『III』)、『バイオハザードIV アフターライフ』(2010年。
以降、『IV』)が製作されている。
『バイオハザードV リトリビューション』は、2012年9月14日に日米公開され、
最終章の『バイオハザード: ザ・ファイナル』は2016年12月23日に、日本で先行公開された。
(全米では2017年1月27日公開)



監督 ポール・W・S・アンダーソン
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
原案 カプコン「バイオハザード」
製作 ポール・W・S・アンダーソン
ジェレミー・ボルト
ベルント・アイヒンガー
サミュエル・ハディダ
製作総指揮 ヴィクター・ハディダ
ダニエル・クレツキー
ロバート・クルツァー
岡本吉起
出演者 ミラ・ジョヴォヴィッチ






一番最初の話はもはや記憶に残ってないぐらいだけど、アリスプロジェクトってなるほどそういう意味だったのかという感じ。
詳細は、小説でってのが残念かな?

スポンサーサイト

関連記事
Posted at 23:23 | 映画感想 | COM(0) | TB(0) | はてなブックマーク - 【映画感想】バイオハザードシリーズ(実写映画 |
2017.05.11
maxresdefault_20160509150326ba1.jpg

仁義とは

1.儒教で道徳の根本とする、仁と義。人が踏み行うべき道。転じて、義理。 「―だてをする」
2.やくざ仲間などで、初対面の時に行う特殊な形のあいさつ。



ケジメとは

1 物と物との相違。区別。
「やっと人間の顔色の―がつくほどの光が」〈徳永・太陽のない街〉
2 道徳や規範によって行動・態度に示す区別。節度ある態度。「公私のけじめをつける」「親子の間にもけじめが必要だ」
3 連続する物事などの境目。区切れ。「季節のけじめ」
4 へだて。くぎり。しきり。



系統とは

1 一定の順序を追って続いている、統一のあるつながり。「同じ系統の言語」
2 血統。血筋。「父方の系統」
3 同じ方面や種類に属していること。「青系統の色」
4 個々のものを順序立てて並べ、全体がひとつながりのものとして機能するようにまとめたもの。システム。「電気系統の故障」「バスの運転系統」
5 働きに応じて分けた身体の器官の集まり。
6 進化の面からみた生物間のつながり。類縁関係。
7 遺伝学上、共通の祖先をもつ個体群。微生物の場合は菌種ともいう。



※goo辞書、Google辞書、Wikipedia参照

関連記事
2017.05.07
詩音ちゃんは当たらなかった……


関連記事
ブログパーツ