[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 2015年08月
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2015.08.18
そういうラノベもきっとどこかにはある。
最後の一人になるまで戦う神様のゲーム。
ただ、幕引きはなんだろうね。
神様と戦うのか、あるいは願いを望むのか。

そういう場合、世界で一人だけになった主人公らしき人は、
争い、殺し合いがあってもまた同じことを望んでしまう気がする。
恋しいけれど、裏切られ殺されかける。
それを見る神様は愉悦たっぷりだろうね。
何度も何度も同じことを繰り返すのを見るのは。
自分も殺してしまうという未来を選ぶ主人公もいるだろうけど、どうだろうね。

まぁ、そういう作品はさておき。

この世界は、誰かが誰かを殺して生きてるようなもので、成功者と、失敗者がわかりやすい。
とはいえ、この2つは近いようでかなり離れている。

例えば、株で成功した人と、万馬券で失敗した人。

似てるようで似てない。
どちらもギャンブルで確実性はない。
失敗してても続けたら、もしかするとということもある。
コストもかかるから、まぁ普通ではないのは確か。

で、一番近いのは友人関係とか、やはり人なのだろうと思う。
誰かを恨むことで人は愉悦感を得る。
実行してしまえば、本当の快楽者になれるかもしれない。
された方は失敗に終わる。
成功してたという愉悦は消え、絶望者となる。
失敗してた愉悦者は、何をされようが愉悦からもう落ちることはない。
人の関係ってのは、こう考えてみると絶妙な関係。

寄生獣の最終話で言ってたセリフで、
仲良くしてるのがおかしい。
殺したがってる動物なのに、おかしい。
というもの(正確には違う)。

知識、知能が増えた分、頭がおかしくなってる動物だとは思う。
深く考えてしまう人、何も考えてない人、自分のことしかない人。
皆群れるという動物のあれとはわりと離れてる。
そりゃ、世間やら社会やら、学校に群れてはいる。
形だけね。

そうした中で、私が最近見て深く考えたのは『ミノタウロスの皿』という作品。

宇宙船の事故で地球によく似た惑星に緊急着陸した主人公は、その星でミノアという美しい少女に救出される。
その星は、地球でいうところの「牛」にそっくりな種族が支配する世界で、彼らは地球でいうところの「人間」にそっくりな種族を家畜として育てていた。
ミノアはその家畜の中でも特に育ちの良い女性で、最高級の食材「ミノタウロスの皿」に選ばれ、民衆の祭典で食べられる運命にあるという。
その事実を知った主人公は、喜んで食べられようとするミノアを助け出そうと奔走するが、結局は救出できずに終わる。
主人公は迎えの宇宙船に乗り込むと、泣きながらステーキを食べるのだった。



お互いがwin-winの関係というのはほとんどありえない事実な気がする。
言葉をかえれば、奴隷のようなものだけど、保証されてるし、悪いことをされればそいつが処罰される。
身の安全がある程度保証されている。
そんな世界にきたら、まぁ価値観がおかしくなる。
そういう世界だから、意見が通らないと主人公は思ってしまうのだけど、結局最後に肉を食べてしまうあたり同じ。
食べる関係という価値観がもうそこにはある。

こういう枠組みがこの世界にあったら、どうなんだろうか。
もちろん、食べられる関係という感じではなくね。
こちらが出す分、相手も出す。
当たり前のことだけど、それができてないのが世界。
難しい。

全てを恨む前にやることはたくさんあるのだろうが、結局は自分の価値観に潰れてしまう哀れな自分を見るだけだった。


スポンサーサイト

関連記事
2015.08.13
結局時間が解決するとはいう。
なんどか立ち直ることはあっても、何かのタイミングで思い出す。
あぁしたらよかった。
しなければよかった。
でも、今いろんなことや出会いがあったのも事実。
捨てれない思い出、忘れられない記憶。

そして辿り着くのが、そうなってしまったという自分。

害悪なんだろうな。
性格的なものもある。
それが相手にとってはよくないもの。
つらいものになる。
つらいものは結局返ってくる。
それを許せない。

だから、泣くのが止まらない時が最近はまた多くなった気がする。
前は3時間平気でなくこともあったけれど、今は1時間。
だいぶ良くなったと思う。
でも、結局は嗚咽混じりのひどい泣き声。
みっともない状況になる。
はけるものははいたほうがいい。

私はいったいいつになったら、はくものがはきおわるんだろう。
それがわからない。
関連記事
2015.08.03
headerImg.png

オンラインゲームとして企画され、現在小説として公開されている「Fate/Apocrypha」をリブートしたもの。

監修&シナリオ執筆は奈須きのこ、キャラクターデザイン&アート・ディレクションは武内崇が担当。
その他シナリオ執筆に「Fate/Apocrypha」を執筆した東出祐一郎や「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」を執筆した桜井光が、
キャラクターデザインに「魔法使いの夜」原画担当のこやまひろかず、
「Fate/EXTRA」キャラクターデザイン担当のワダアルコ、「真月譚月姫」「月の珊瑚」作者の佐々木少年など
50人以上のイラストレーターが関わっている。また、豪華声優陣も数多く登場する。

主題歌は坂本真綾の「色彩」。

Fate/Grand Order プロデューサー

ディライトワークス株式会社
代表取締役 庄司顕仁



公式

現状バグが多いし、敵のバランスがおかしいむずゲーとなっています。

2015/08/03 初期原稿

関連記事
Posted at 19:00 | ゲーム感想 | COM(0) | TB(0) | はてなブックマーク - 【ゲーム感想】Fate/Grand Order その1(2があるかは不明 |
ブログパーツ