[PR] 一戸建て
R.U.K.A.R.I.R.I | 2011年07月
About Circle Board Twitter Link Circle work Mail RSS facebook google+    同人サークル『R.U.K.A.R.I.R.I』のHPです。
ブログ内人気記事

他ブログ及び本ブログ最新記事


2011.07.28
【同人】
原稿の進み具合は8割型完成です。
ただし、内容の修正をするので、作業ペース的には半分。
8月半ばまでには、ちょっと知り合いにみてもらったところを
直していく形にしていくつもりです。

【日常】
課題を8割型終わらしたいトコロ。
土曜日の課題があるから、金曜と土曜は拘束される。
とりあえず、3つほど片付けました。

7個ある課題のうち、1だけが特に難しい。
あとは、時間さえあれば練ればいいだけなんだけど。
はやめにそれを終わらしていく方向でいこうかなぁ。

夜に近づかないとヤル気がでない不思議。
でも、毎日やる気がでるわけじゃないのは仕方が無いこと。
仕事だと話は別ですが。
そもそも、心境の時点でヤル気が違ってるような気がする。
やっぱ、自分でやるってのは難しいものですね。

【肉体労働】
16時~17時ぐらいに初めはWalking程度に走ろうかと考え中。
少し体力戻さないとね。
スポンサーサイト

関連記事
2011.07.21
祝・1000記事目というわけでもないですが、
申込が完了しましたので次回参加のサークルカットの公開、
および、今回より一緒に行動する絵師さんの公開です。

サークルカット
サークルカット 仮完成

サンプル
まどかおんりー用サンプル

絵師さん情報
蒼早苗

ツイッター

ぷにけっとさんの
~「巴マミ中心魔法少女まどか☆マギカオンリーイベント」~
マミ☆マギ2
暁美ほむら中心魔法少女まどか☆マギカオンリー
ほむ☆ほむ2
2011年9月18日開催予定
関連記事
2011.07.10
映画感想等

先週ぐらいにみたもの

劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド)

新たなる天使、降臨―。
「本当に、あなたの事が、好きでした。」

「平和が一番」をモットーにする少年、桜井智樹と、空から落ちてきた未確認生物≪イカロス≫
≪ニンフ≫≪アストレア≫の交流を描くハートウォーミング・コメディ(?)『そらのおとしもの』。
テレビシリーズ2期、26話に渡って繰り広げられてきた智樹の学園生活を、ひっそりと見守っていた、一人の少女がいた。
引っ込み思案で、恥ずかしがり屋の少女、≪風音日和(かざねひより)≫。
自分とは対照的に、元気に学園を賑わす智樹に対し、密かな憧れを持っていた彼女は、意を決して、智樹のいる"新大陸発見部"へと入部。メンバーたちと交流を深め、友情を育­んでいく。
そんな矢先・・・。悲劇が日和を襲った。
謎に包まれているイカロスたちの故郷 "シナプス"からの脅威が襲いかかる!
智樹とイカロスたちは、空美町を・・・そして、悲しい運命に囚われた日和を、救う事が出来るのだろうか





話の内容としては、漫画版というより原作でアニメ化されていない部分ですね。
アニメは全く見てなかった(戦闘パートはみた)
それで、なんでなかったんだろうと……
案の定、映画のためってやつですね。
これで、3期ができるんじゃないですかね。
とある秘密を知ってしまう!という重要なファクターの部分。
私としては、この回は漫画で泣きそうになりました(笑)
まぁ、映画館でも泣きそうになりましたけども……
内容は分かりきってる内容で、まさに映画のヒロインに感情移入させるための
シナリオの展開という感じですね。
開始1時間はそういうくだりなので、いやな人はいやそうですねぇ。

こういう人がいたんだ……だから、俺は忘れない。

というふうな。

一番驚いたのは、小学生ぐらいの子が映画を見ていたということ。
まぁ、ファンはいいと思うのですがどうなんでしょうね?


メメント

ある日、主人公・レナードの妻が、自宅に押し入った何者かに強姦され、殺害されてしまう。レナードは現場にいた犯人の一人を銃で撃ち殺すが、犯人の仲間に突き飛ばされそのときの外傷で、10分間しか記憶が保てない前向性健忘になってしまう。
復讐の為、犯人探しを始めたレナードは、自身のハンデをメモをする事によって克服し、目的を果たそうとする。出会った人物や訪れた場所はポラロイドカメラで撮影、写真にはメモを書き添え、重要な事は自分の体に刺青を彫り込んだ。しかし、それでもなお、目まぐるしく変化する周囲の環境には対応し切れず、困惑し、疑心暗鬼にかられていく。
果たして本当に信用出来る人物は誰なのか。真実とは一体何なのか。



すごくうまいつくりで、過去から未来、未来から過去というふうにつくっていてます。
つまりは、ラストシーンが記憶では中間ですが、ラストです。
記憶として最後にくるのは最初にきます。
最初に見てる人に与えることは、事実。
でも、これがみているうちに事実が変わっていくんですね。
DVD特典とかだと、時間系列に見れるんですが、これでみると確かに内容はわかりますが、
おもしろさはないですね。
見てる人の印象の与え方っていうやつがおそらく重要なんでしょうね。




関連記事
ブログパーツ